2014年02月01日

私が子供を持てない(たくさんある中の)1つの理由

Bda_iTZCYAENIYW.jpg-large.jpeg
マリエ姐さんと田房さんのイベントを観に、よるのひるねへ。
阿佐ケ谷駅で、みーちゃんと待ち合わせ。
銀座や六本木を闊歩しているみーちゃんは
阿佐ケ谷が怖いらしい。異文化すぎて。
銀座にビビらない心の方がいいよ。大人として。

で、イベント。
育児イベントだから、一番後ろの席で小さくなっていようと思ったら
意外と男性客が多い。意外と未婚の方も多く参加しているイベントだった。
田房さんの鋭い視点&論点と
マリエ姐さんの「まんずまんず」な包容力で
バランスのいい聞き応えでありました。
私は育児そのものからも遠い席にいるわけで、
その分、自分はフラットな立場だと思っていたけれど、
田房さんの話を聞いて、まだまだ私は「古い人」だなー…と反省しきり。
確かに飲み会にママさんがいたら、
なんの他意もなく「今、お子さんはどうしてるの?」って
聞いちゃいそうだもんなー。
そしてパパさんには聞かなそうだもんなー…。
そっか、イラっとさせてしまうのか。当然か。
今まで、言ったつもりはないけれど、
どこかでイライラさせたのかもなー…。

「お母さん」ってだけで、「育児のプロ」って思われるのがイヤってのも、
言われてみれば「当然のことだよなー」と深く感じ入った。
「漫画家」ってだけで「絵が上手」って思われて、
本当に苦しい状況になったことは何度もあるもの…(間違った感慨)。
考えてみれば、どの状況もみんな「はじめて」なんだよなー。
「外野の勝手な思い込み」は、確かにママさんが一番
浴びているような気がしました。猛省。

後半、「育児をしない男」について熱い弁が。
リアル男子が聴いたら、キンタマ縮み上がるだろうなー。
会場にも結構な数の男子がいて、
その中に斜め後ろからのフォルムだけで
「当たり」とわかる男子がいたのだが、その人はパパさんだった。
すごいなー、パパオーラ。
そして、それに気づく私のレーダー☆

その昔、呑み屋で隣り合わせた、年配の殿方を思い出した。
殿方さんには息子がいて、その息子は連れ子がいる女性と結婚したらしい。
そして、ふたりの間にも子供ができたのだが離婚。
その際、女性は連れ子を置いて出てゆき、
息子さんは2人の子供を連れて、両親のところへ戻ってきたらしい。
そして、息子さんには新しい彼女ができ、子供はほったらかし。
2人の子供の面倒は、ほとんど両親がみることになったとか。
で、血のつながった2人目の孫は可愛いと思えるけど、
1人目が可愛く思えなくて(かなりの問題児らしい)ツライ…
ということを延々とマスターに愚痴っていた。
なかなかに面白い話だと思って、聞き耳を立てて聴いていたが、
ずっとのど元まで「で、アンタが酒呑んで愚痴ってる今、
面倒は奥さんが見てるんだよね?」という言葉が込み上げていた。
もっと、っつーか、たぶんほとんどの面倒を見ている奥さんは、
どこで鬱憤を発散できているのだろう…

色々と考えさせられるイベントだった。
私なりに解決法を考えてみたが、根深い問題だ。
これはもう、お二人に全国の小中学校へ行ってもらって、
公演をしてもらうのが一番のような気もする。
相手が常識の場合は、早期改善がいいはずだから。
子供を持つことのない私は、育児って憧れなんだけどなー。
だって育児って「リーガルな人体実験」じゃない?
ときめくー☆どーん!!!←天誅
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

負など吹き飛ばして

今年の初夢は、
腹肉ツヤ子さんと一緒に西城秀樹からサインをもらう夢だった。
ツヤ子さんは、もちろん美しいお着物姿で、
秀樹は金ぴかなヤングマンな衣装だったので吉夢感があった。
私の夢には友人も芸能人も滅多に出てこないので珍しい。
サインをもらったら、小さな空きスペースがあったので、
「じゃあここにTちゃんのサインをもらいましょう」と
ツヤ子さんに提案したところで目が覚めた。なぜ?
Tちゃんが小さいからなのだろうか。
Tちゃんと言えば「うちのファッショニスタ」で「リトルGAGA」。
今年は衣装運がよいのかもしれないね☆

なんていい気分でいたのも朝ご飯まで。
昨日から気がついていたが、TVの映りが悪いのだ。
2分置きくらいに画面がフリーズし、
「ただいま受信中」という画面があらわれ、
5秒ほどすると復活…というのを繰り返していた。
そしてパパンは1秒でもTVが見れないと機嫌が悪くなる人だ。
「どうしたらいいのかしら…」というママンの言葉は
「なんとかしてよ」ということなのだろう。
…わかったよ。新年初孝行だ。
また悪夢へと飛び込んでいってやるさ!!!

本当に悪夢になるからたまらないね。
またしても、たらい回し地獄へ陥る。
フォリ助が「強く言った方が、向こうも頑張る」と言っていたのを思い出し、
時々ママンに電話に出てもらい
「これじゃ困るのよ!」を随所に挟む。
最終的にたどり着いたオペレーターの方と最初に喋ったママンが
「覇気のない声の男性よ」と不安げな表情で私に電話を代わる。
思いついたら即声にするは女の特権だよね☆
でも今はやめて!!

確かに暗い声の男性だった。
正月早々、半分クレームみたいな電話の応対なんて、
そりゃあ暗くもなるでしょうよ。
しかし、とてもとても丁寧に対処法を教えてくださり、
かなり時間がかかったが、なんとか設定することができた。
もう、自分が出せる最高に嬉しい声で
「ありがとうございました☆」とお礼を伝えると、
暗いながらも微笑んだトーンで「よかったです」と男性が返してくれた。
どうか、お兄さんが幸せでありますように!!

そして花札三昧。
TVは10分ごとに、フリーズしている気がするけど気にしないもん!
今はまだいいけど、これ、パパンが一番大好きな野球になったら大変だぞ…
「元のケーブルに戻した方がいいんじゃない?」と言いたいが、
まあ、野球が始まるまで様子を見よう。
つーかもう勘弁してほしい…。

「もう悩むことはないんだから」って
ミドルマンの私にも言って!!!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

TRY THAT☆

やはり寝過ごして、夕方に実家へ。
年末に頻繁に帰ってしまったので、なんとなく私のゲスト感が薄い。いたしかたない。
いつもの御節。いつもありがとう。
毎年、なにか新しいメニューに挑戦するシリーズが続いているが、
今年はミートローフみたいなものだった。
鶏の皮に包まれた挽肉の中に肉塊みたいな。肉々しい感じ。
いつまでも果敢なママンでいてほしい。

ここで2013年のママンのブームを書いておきます。
前半は「糖質オフ」にハマるも、
「健康のため」が理由だったので、そんなに熱くならず。
その流れで「エノキ茶」も大量に作っていたが、どうなったのだろうか…
「タマネギ氷」や「タマネギの皮」にも果敢にトライしていたけど…
中盤から「スモーク」にハマる。
未だ、なかなか上手くいかない模様。
はんぺんは美味しかったけど、異臭竹輪はいただけなかったね。
同時期「ケークサレ」のブーム到来。
ホットケーキミックスで作るのにハマる。
ワッフルブームも合わせて到来。
そして後半は「原始人食ダイエット」にハマる。
見慣れない料理に「これ何?」と聞くと
「原始人よ☆」と答える顔が満足度MAXな感じでした。
いいなー、楽しげで。
私は「ハマった」といえる何かがあっただろうか…
「トライした」といえるものがあっただろうか…
同人誌やデジタル制作には挑戦したけれど、
なんかもっと新しい気持ちになれるようなことがしたい。ニューだもの。
老化合戦は私の負け…いや、圧勝なのか…のような気がするよ。

ひたすら酒を呑み、花札に興じ、いつもの正月。
GzCjK.jpeg
江古田の正月風景。
正月って晴れだった印象しかないなあ。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

艶あってこそ

年越し祭りはTさん宅へ。
初めて行く新居。初めて入るデザイナーズマンション。
かなりチャラい。ステキじゃねーか。
すでに鍋が用意されている。
大量のわかめをしゃぶしゃぶにして食べるという「わかめしゃぶしゃぶ」。
ステキすぎ。ウマすぎ。名前エロすぎ☆

ポツポツと人が集る中、
鍋を食いながら、もちろん紅白鑑賞だ。
もう、今年は何と言っても綾瀬はるかだろう。
彼女に絡む人すべてが善人に見えてしまう。はるかマジックだ。
あの大粒の涙もグッときたが、やっぱり歌声がいい。
はるかには是非ともアルバムを作っていただきたい。
曲を提供する人は絶対に「いい曲を作らなきゃ!」という気になるだろうから。
その昔の角川3人娘のアルバムのように傑作になるに違いない。
新垣結衣ちゃんのアルバムもよかったし、
スペシャルな可愛さがある女優さんは、アルバムを作るべきだと思う。
同じ理由で子役もアルバムを作るべきだ。
提供者が絶対に「子供にはいいものを!」って思うから。
安達祐実を筆頭に子役アルバムには名曲が多い。
あと、ジェロを筆頭にした海外系も。
「最高のおもてなしをしたくなる欲」を刺激すると思うのだ。

…とかいうメンドクサイ持論をわかめをしゃぶりながらクドクドと。
すごく楽しい☆
紅白は誰かと見てなんぼだ。
私的にいちばん面白かったのは聖子様だった。
最初に一人で「あなたに逢いたくて」を歌った箇所は、
もう、悲しいくて悲しくてしかたなかった。
あの魔法のようだった声がカスカスになっているんだもの…。
思えば今年、Charaが新曲を書くと聞き、楽しみしていたのだが、
あまりの声のやせ細りっぷりに愕然としたものだった。
「歌い込んでないと、こういう声になる」と、
隣りのおたかがエラそうなことを言って、ムッとしたものの
そういうことなのかもしれないね…
天才型のシンガーは、こういうことになるのかな…
すごく残念な気持ちになっていたところへ2曲目。
クリス・ハートとのデュエット曲がはじまると、
途端に聖子の声が艶っぽくなったではないか。
干涸びた大地が、急速に草原へと変化したような驚き。
「上手い人と一緒に歌うと釣られるよね」とは
またしてもおたかの解説。
そうなのかもしれないが、それだけじゃないだろう。
「聖子…本当に男好きなんだよ!」
曲が進むにつれ潤ってゆく歌声は、エロスそのものだった。
聖子様は発情上手なのね…女の鑑だね☆
なんとなく魔法の声の源が理解できたようなステージだった。
これからも聖子様の周りに男が溢れていますように…(できればセンスのいい)。
まだまだ聖子はイケるという確信を手に入れた満足感よ。
わかめをしゃぶる私は、さっきよりも潤っていたはずだ。じゅぶるるっ。

忘れてはいけない「潮騒のメモリー」。
あれをきっかけに80年代っぽいものが増えるかと期待してたけど、
特になにもなかった印象…どうなんだろう?
私が発見できなかっただけなのだろうか。
「潮メモ」自体は、私の歌謡心には響かなかったのだけど、
やはりキョンキョンとひろ子様の流れには胸が高鳴った。
そして訃報が届いたばかりの大瀧詠一様に想いを馳せる。
キョンキョン、ひろ子、聖子、全員が提供されていたんだなあ…
想いを馳せただけでなく、その場でだだ漏れ解説。
「怪盗ルビイに、探偵物語に、いちご畑でつかまえてだよ!?」
私の熱量に反比例するかのような場内。「へー」の嵐。
後でTwitterを見たら、瓜さんが同じことをつぶやいていた。
歌謡 MAKES US ONE。
瓜さんとは永遠に仲良くしてゆきたい。
大瀧様、たくさんの名曲をありがとうございました。
あなたがいないとさみしいよ。(「Rock'n'roll Good-bye」風)

私もそんなふうに思ってもらえるように生きたいです。

紅白が終って、カウントダウンはジャニーズ。
フォリ助が持ってきてくれたモエで乾杯☆
今年もよろしくね☆
その後は「おママ対抗歌合戦」やお笑い番組をダラダラ見て、
Tさん宅の近くの神社で初詣をして解散。
しかし美味かったなあ、わかめしゃぶしゃぶ☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

散漫悪魔店員日記

いよいよ店員ごっこをする日が来た。
待ち合わせのモスバーガーへいくと、いたいた☆
白シャツに身を包んだみーちゃんがスマホをいじっている。
一見、ゆるふわ女子の中身が虎だとは誰も気づくまい…
私は最近、みーちゃんの姿を見るたびに
この「いたいた☆」感を味わっている。
新しい友だちが出来た時の醍醐味だろう。
腹ごなしにフィッシュバーガー(大好物☆)を食べていたら
「さっき、ニューさんが来る前に隣りにいた男性から
ナンパされました☆」とみーちゃん。さすが!
この「やってるやってる☆」感は、みーちゃん独特のものだなあ。

腹が満たされたところで今日の勤務(?)先である
ラウンジバー・ナイツへ。
本当に道玄坂のど真ん中。周りはホテルだらけ。
私はこの日はじめてお店へ行ったのだが、
古い料亭を改装したという外観を見て及び腰になる。
IMG_1233.jpg
看板も出ていないし、ドアには怪しい蝶の絵が…
チャイムを押すとSF映画のように電子ロックが外される…
なんかキルビルに出てきそう!
そして店内もすごくステキで、まさに隠れ家な感じ。
料亭の趣を残しつつも、オシャレ。しかも居心地がいい。
そして更にオーナーの奥木さんは奥ゆかしいイケメンだ☆
ちょっと私には場違いすぎる気が…
しかし、もう後へは引けない。
なんせ今日のためにオリジナルカクテルまで用意していただいたのだから!
IMG_1238.jpg
左が「瞳はダイヤモンド」で、右が「赤いスイトピー」☆
「赤いスイトピー」はベリー系。
でも深みのある、大人な甘さ。もちろんすごく美味しい。
そして「瞳はダイヤモンド」は、フワッフワな舌触り。
和菓子のような不思議な味にズッキュン☆
2杯味見して、なんだか楽しくなってきちゃった〜☆

一体誰が来てくれるのだろう…と不安だったが、
シーズ周りの女子たちがワラワラと来てくれ、
J子も友だちを連れてきてくれてキャイキャイ。
みーちゃんを中心にオシャレな空間で
思いっきり下世話な会話をマンキツした。
途中、調子に乗った時のお約束で、奥木さんに
「私のイメージでカクテルを作ってください☆」とオーダー。
IMG_1249.jpg IMG_1254.jpg
美しいシェイカー捌きで作ってくださったのがこちら。
美しい深紅のカクテルに「名前を付けてください☆」と更にお願いすると
照れながらも「ディアブロ」と名付けてくださった。
「なんかキケンな感じ☆」と喜んでみたが、
よくよく意味を調べてみたらスペイン語で「悪魔」という意味だった。
えーと、どういう意味かちら…美味しいから、たぶんいい意味☆

みーちゃんは時々、厨房で洗い物をしたりだとか、
新しいお客さんにメニューを勧めていたりとかしていたが、
私はひたすら酒を呑んで話していただけで終了。
何か役に立ったのだろうか…本当に「悪魔」だったのでは…

その後、馬場に移動してラーメンを食べ、
みーちゃんと私はセンパイの家で始発待ち。
不思議なメンバーでTVをみながらキャイキャイ。
うそ。TVに映る芸能人の超絶丸秘裏話でギャイギャイ。
そっか…ヤツは乱交パーティーでの評判が悪いんだ…サイテー☆
悪魔も逃げ出すほどの下世話トークで締め。楽しかったー☆
みーちゃん、奥木さん、そして呑みにきてくださった方々、
どうもありがとうございました☆
またやりたい!(無理だろうなー…)
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする