2014年07月04日

センパイをプレゼン☆

さて、お知らせです。
SENPAI.jpg
サイゾーウーマンの連載にてセンパイにインタビューをしました☆
34年間、スッピンで生きてきた理由と、
34歳にして、化粧を始めた心境を聞いております!
記事はこちら☆
いやー…楽しかった。そして、嬉しかった。
そしてそして、むつかしかった!!!

センパイとJ子と呑みながら話したんだもの。
そりゃあ、楽しいに決まってる。
そしてね、センパイのことを記事として紹介できたことが、
本当に嬉しいんですよ。
友達とか抜きで、本当にセンパイの文章が好きなんですよ。
センパイのあの血が通いまくった文章を、
一人でも多くの人に読んでほしいのですよ!
だから、一人でも多くの人にセンパイに興味を持ってもらえるよう、
そしてもちろんコラムとしても面白くなるよう
いつも以上に頑張りました。
むつかしかったー…っつーか失敗したかも!!!

全然、センパイの面白さが引き出せてない!!!
「内輪ウケっぽくないようにしなくちゃ!」と注意していたら、
ものすごく落ち着いた人みたいな印象になっちゃった!
違うんです!すごく痛快な女なんです!!
嗚呼…読み返して落ち込んでしまいました…
まあでも、好きなものほど、緊張して上手くできないものだよね☆どーん!!!←天誅
とにかく、センパイの素晴らしさはブログを読んで実感していただきたいです!

センパイのブログはこちら☆

この記事が出る前に、センパイに新しい日記を書くことをお願いしていたんですけど、
それがね、また本当にすごくいい文章なのです。(「いとしい怒り」シリーズ)
この血の通いまくった文章を何と説明したらいいのだろう…
とにかく、女子なら見抜けるはずだ。
「あ、この人、こういう人だろうな」って。
それがね、なんだろ「こういう文章書くのは、ああいうタイプだろうな」とかいう
裏を読むとか、察する感じじゃないんですよ。
文章と本人の直結感がすごいのです。ダイレクトに響く文章というか…
ああ、またしても上手く言えてないなあ…
なんだろう、FEEL IT系の文章っていうか…ああ、文章力がほしい…

話がグチャグチャになったついでに、昔話。
私の実家は父親が経済っつーか、経済史の教授だったもので、
本当に、どんな話も、ほとんどが江戸経済にこじつけられるという
アカデミックな、別名めんどくさい会話が横行する家だったのです。
思春期に父親が嫌いになり、
坊主憎けりゃ袈裟理論で、経済史どころか、学問&学者が大嫌いになったのです。
「上から語るんだったらよー、てめーの手で作り上げたもんだけ話せや!」
というスタンスの人間になってしまったのです。
その結果、社会の勉強とか全然しなくて、成績はボロボロ。
今も全然社会的知識が足りてない中年になってしまいました。
もちろん、歴史の大切さというものは実感できるくらいに、大人にはなっています。
父親とは30歳くらいで和解(一応)。
実家に帰るたびに呑んで語りまくるという、
思春期では考えられないようなことができるくらいの大人になりました。
で、元から大人だった父親は、老人になっていましたが、
まあ、相変わらず、全ての会話を江戸経済に絡めてくるワケです。
そして、ここがいちばんの大人ポイント。
昔はガン無視OR総スルーだったのに、
大人になった私はうんざりしながらも、父に質問ができるようになったのです。

「なんで今、その(自分が関係ない)歴史の話をぶち込んできたの?」
「その(いい気になって)引用した史実を、お父さんはどう受け止めてるの?」
「そもそも何で、歴史が好きなの(なのにどうしてプレゼンが下手なの)?」

実家を出て、色々な人と出会って語って、自分という人間は
「語られる対象と語る本人の関係性が希薄な会話は鼻くそ以下」
というふうにしか思えない人間だと痛感したわけです。
「あなたのことを鼻くそと思いたくないから答えて☆」という言葉は
もちろん( )で綴じて、父親に質問してみると、さすがは親子、
「おまえは、関係性を気にするんだな」と見ぬかれた。
そのことばには「卑俗な感性だな」という思いが
やはり( )で綴じられているのがわかる。
でもひるまない。
「そうなんだよね。で、答えは?」
この度胸も実家を出てから得たものだ。
追い詰められた父親は、それでも上から口調で語っていたが、
ちょっと恥ずかしそうだったし、嬉しそうだった気がする。
後々「俺には友達がいない」って言ってたから、
たぶん心を開いて話すという行為に慣れていなかったし、
新鮮だったんじゃないのかちら…
もう、失語症になっちゃったから確認できないけど…
って私は何が言いたいんだ?…ってセンパイの文章だよ!

そんなね、「本人発の言葉じゃないと、心に残らない派」の私がですね、
本当に「いい!」と思える文章なんです。センパイの文章は。
…ってなんか、やっかいな印象をプラスしてしまっただろうか…
センパイに対する礼儀だと思って、己を開陳してみたら、
父と同じくめんどくさいものが溢れ出てくる悲しみよ…
本当に、親子そろってプレゼンがヘタだね…
とにかくセンパイのブログは痛快に面白いので読んでくださいませ☆

取材こぼれ話
J子とセンパイとの呑み取材の合間、
突然、J子が「今、夢がかなってる…」とつぶやいた。
ついさっきまで、下世話な会話に華を咲かせていたのに何よ?と思ったら
「私、高校生の頃に安彦さんの漫画を読んで、
『私もキリコさんやニューさんみたいな友達を作って、
下世話な会話ができるようになりたいなあ』って思ってたんです」とのこと。
ちょっと感動してしまった。
誰かの夢のお役に立てる日が来るなんて思わなんだよ。
そうだよね。ものずごく下世話な会話だったものね。
「初めての自慰」とか…光栄だよ☆

最後に仕事の予告
8月から新連載がはじまる予定です。どうしよう☆
そして、熊田プウ助さんと今年も同人誌をやります。これまたどうしよう☆
posted by 大久保ニュー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

お知らせ色々☆

3ヶ月なんて、あっという間☆
…という書き出しも最後になるかもしれません。
去年から続けてきました、熊田プウ助さんとのトークイベント
「おしゃべりとお絵かき会」は今回でファイナル!
最終回でございます!!
FINAL01.jpg FINAL02.jpg
今回のチラシはプウ美姐さんのデザインです。
最後、ということで、プロムをイメージしてみました☆

今回のテーマは「お別れ」。
紙芝居もお別れをテーマに作られると思いますが、
今回は最終回でありながら新機軸。
今までは、テーマに沿ったお絵描きをみなさんに描いていただきましたが、
今回は皆さんから話していただいたエピソードを
その場で我々が絵にしてプレゼントいたします☆
漫画家としての力量が問われるこの企画(ひー)!
最後だからのヤリ逃げ企画ではありません!!!
最後だからこそ、気合いを入れて臨みまっせ!!!!!
というワケで、今回は皆様のお絵かきはありませんので、
絵が苦手な方も安心して御参加くださいませ☆
消化できなかったお別れエピソードを
我々の絵で昇華していただければ幸いです。
とびっきりのエピをご持参いただければと思います☆

熊田プウ助と大久保ニューのトークイベント
「おしゃべりとお絵かき会 Final」
2014年 5月25日(日曜)
@阿佐ケ谷 よるのひるね 19:00オープン
予約 1000+id500 当日 1300+1d500
是非ともご予約を☆

そして宣伝。
ただ今「まんが堂」様にて
『オネエさんといっしょ」というマンガを
1日1コマずつ配信しております。
sc31.png
一ヶ月10円コース以上に入会すると読めるようでございます。
ソフトバンクのiPhoneからは見れないようなのですが、
その他の方はトライしてみてくださいませ。
オネエさんと、その周りの下世話な交友録&ちょろっと恋みたいな感じです。
楽しく描いておりますので、是非とも御一読を☆

そしてそして、まったくここのブログを更新できていないというのに、
新しいブログを作ってしまいました。
歌謡曲についての愛を綴ったブログです。
その名も「白い風のラ・メール」
心のままに、ツラツラと書いておりますので、
よろしければご覧くださいませ。

あとは…サイゾーウーマンも続けてますよ☆
今月は「コルギ」にチャレンジいたしました
楽しかったけど、痛かった!!!
施術されてる間、私の脳内に浮かんだ曲は
リセット・メレンデスのグリグリでした。
私史上、最強のグリグリでしたよ!!
是非ともご覧くださいませ☆
posted by 大久保ニュー at 07:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

おしゃべりとお絵かき会5☆

3ヶ月なんて、あっという間!
シーズンイベントである
熊田プウ助さんと私のトークイベント「おしゃべりとお絵かき会」の
5回目が今週金曜、2月28日に開催されます。
もちろん会場は、阿佐ケ谷よるのひるね様。
今回で1周年だよ☆
よかった…なんとか体裁が保てた…
これもご来場くださったお客様のおかげであります。
osyaoe05.jpg osyaoe05-2.jpg
さて、そんな記念すべき1周年記念は春らしく
「めざめ」をテーマにしようと思っております。
まずは今回のテーマソング

久美子様の「スプリング・サンバ」☆
雲の影から差す光のような、
丘のふもとの祭りの太鼓のような、
春の喜びに満ちたイベントになればと願っております。

今回も私たちの紙芝居があります。
とりあえずそれぞれの「セクシャルなめざめ」について描く予定。
私はストレートに「男へのめざめ」にしようかと。
プウ美姐さんはどうするんだろう…セクシャルフォルダが多いからなあ…
おそらくマニアックなめざめをご披露なさってくれると思います(超18禁の)☆

そして今回も会場に来て下さった皆様にも
「めざめ」をテーマにお絵かきをしていただきます。
別に「セクシャル」である必要はありません。
「酒」や「着物」や「ジャニーズ」など、
趣味にめざめた時のエピソードを披露してくださいませ。
もちろん、「恋」や「セックス」や「相互オナニー」についてでも構いません。
私たちはどんなネタでも受け止める準備はできています☆

今まで、会場でスケッチブックを配って、
前半の我々のおしゃべりを聞きながら描いていただいていたのですが、
「時間が足りない」とか「おしゃべりが聞けない」との声もあったので、
会場で描くのが苦手な方は、事前に用意していただいても結構です。
B4くらいの紙に描いてご持参くださいませ。
もちろん「絵を描くのは…」という方は描かなくても結構です。
でも、私たちはどんな絵も受け止める準備はできています☆
会場の空気はいつも温かいのでご安心くださいませ。

みなさまの「めざめ」の披露によって
会場の誰かが目覚めるきっかけになったらステキだなあ…と夢想しつつ、
みなさまの御来場をお待ち申し上げます。
冬の最後の金曜日、すてきな春告げ会にいたしましょう☆
ご予約はこちらから☆
posted by 大久保ニュー at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

私が子供を持てない(たくさんある中の)1つの理由

Bda_iTZCYAENIYW.jpg-large.jpeg
マリエ姐さんと田房さんのイベントを観に、よるのひるねへ。
阿佐ケ谷駅で、みーちゃんと待ち合わせ。
銀座や六本木を闊歩しているみーちゃんは
阿佐ケ谷が怖いらしい。異文化すぎて。
銀座にビビらない心の方がいいよ。大人として。

で、イベント。
育児イベントだから、一番後ろの席で小さくなっていようと思ったら
意外と男性客が多い。意外と未婚の方も多く参加しているイベントだった。
田房さんの鋭い視点&論点と
マリエ姐さんの「まんずまんず」な包容力で
バランスのいい聞き応えでありました。
私は育児そのものからも遠い席にいるわけで、
その分、自分はフラットな立場だと思っていたけれど、
田房さんの話を聞いて、まだまだ私は「古い人」だなー…と反省しきり。
確かに飲み会にママさんがいたら、
なんの他意もなく「今、お子さんはどうしてるの?」って
聞いちゃいそうだもんなー。
そしてパパさんには聞かなそうだもんなー…。
そっか、イラっとさせてしまうのか。当然か。
今まで、言ったつもりはないけれど、
どこかでイライラさせたのかもなー…。

「お母さん」ってだけで、「育児のプロ」って思われるのがイヤってのも、
言われてみれば「当然のことだよなー」と深く感じ入った。
「漫画家」ってだけで「絵が上手」って思われて、
本当に苦しい状況になったことは何度もあるもの…(間違った感慨)。
考えてみれば、どの状況もみんな「はじめて」なんだよなー。
「外野の勝手な思い込み」は、確かにママさんが一番
浴びているような気がしました。猛省。

後半、「育児をしない男」について熱い弁が。
リアル男子が聴いたら、キンタマ縮み上がるだろうなー。
会場にも結構な数の男子がいて、
その中に斜め後ろからのフォルムだけで
「当たり」とわかる男子がいたのだが、その人はパパさんだった。
すごいなー、パパオーラ。
そして、それに気づく私のレーダー☆

その昔、呑み屋で隣り合わせた、年配の殿方を思い出した。
殿方さんには息子がいて、その息子は連れ子がいる女性と結婚したらしい。
そして、ふたりの間にも子供ができたのだが離婚。
その際、女性は連れ子を置いて出てゆき、
息子さんは2人の子供を連れて、両親のところへ戻ってきたらしい。
そして、息子さんには新しい彼女ができ、子供はほったらかし。
2人の子供の面倒は、ほとんど両親がみることになったとか。
で、血のつながった2人目の孫は可愛いと思えるけど、
1人目が可愛く思えなくて(かなりの問題児らしい)ツライ…
ということを延々とマスターに愚痴っていた。
なかなかに面白い話だと思って、聞き耳を立てて聴いていたが、
ずっとのど元まで「で、アンタが酒呑んで愚痴ってる今、
面倒は奥さんが見てるんだよね?」という言葉が込み上げていた。
もっと、っつーか、たぶんほとんどの面倒を見ている奥さんは、
どこで鬱憤を発散できているのだろう…

色々と考えさせられるイベントだった。
私なりに解決法を考えてみたが、根深い問題だ。
これはもう、お二人に全国の小中学校へ行ってもらって、
公演をしてもらうのが一番のような気もする。
相手が常識の場合は、早期改善がいいはずだから。
子供を持つことのない私は、育児って憧れなんだけどなー。
だって育児って「リーガルな人体実験」じゃない?
ときめくー☆どーん!!!←天誅
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

負など吹き飛ばして

今年の初夢は、
腹肉ツヤ子さんと一緒に西城秀樹からサインをもらう夢だった。
ツヤ子さんは、もちろん美しいお着物姿で、
秀樹は金ぴかなヤングマンな衣装だったので吉夢感があった。
私の夢には友人も芸能人も滅多に出てこないので珍しい。
サインをもらったら、小さな空きスペースがあったので、
「じゃあここにTちゃんのサインをもらいましょう」と
ツヤ子さんに提案したところで目が覚めた。なぜ?
Tちゃんが小さいからなのだろうか。
Tちゃんと言えば「うちのファッショニスタ」で「リトルGAGA」。
今年は衣装運がよいのかもしれないね☆

なんていい気分でいたのも朝ご飯まで。
昨日から気がついていたが、TVの映りが悪いのだ。
2分置きくらいに画面がフリーズし、
「ただいま受信中」という画面があらわれ、
5秒ほどすると復活…というのを繰り返していた。
そしてパパンは1秒でもTVが見れないと機嫌が悪くなる人だ。
「どうしたらいいのかしら…」というママンの言葉は
「なんとかしてよ」ということなのだろう。
…わかったよ。新年初孝行だ。
また悪夢へと飛び込んでいってやるさ!!!

本当に悪夢になるからたまらないね。
またしても、たらい回し地獄へ陥る。
フォリ助が「強く言った方が、向こうも頑張る」と言っていたのを思い出し、
時々ママンに電話に出てもらい
「これじゃ困るのよ!」を随所に挟む。
最終的にたどり着いたオペレーターの方と最初に喋ったママンが
「覇気のない声の男性よ」と不安げな表情で私に電話を代わる。
思いついたら即声にするは女の特権だよね☆
でも今はやめて!!

確かに暗い声の男性だった。
正月早々、半分クレームみたいな電話の応対なんて、
そりゃあ暗くもなるでしょうよ。
しかし、とてもとても丁寧に対処法を教えてくださり、
かなり時間がかかったが、なんとか設定することができた。
もう、自分が出せる最高に嬉しい声で
「ありがとうございました☆」とお礼を伝えると、
暗いながらも微笑んだトーンで「よかったです」と男性が返してくれた。
どうか、お兄さんが幸せでありますように!!

そして花札三昧。
TVは10分ごとに、フリーズしている気がするけど気にしないもん!
今はまだいいけど、これ、パパンが一番大好きな野球になったら大変だぞ…
「元のケーブルに戻した方がいいんじゃない?」と言いたいが、
まあ、野球が始まるまで様子を見よう。
つーかもう勘弁してほしい…。

「もう悩むことはないんだから」って
ミドルマンの私にも言って!!!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。