2015年03月19日

夢子、イベントへ行く

onnasika.JPG
田房永子さんの新刊「男しか行けない場所に女が行ってきました」の発売イベントに行ってきました。
本当はサイゾーウーマンの〆切で、動けない状態だったのですが、
サイゾーウーマン編集部も総出で来るというので、
許可をもらって参加。命がけ☆

ゲストがマリエ姐さん、大泉リカさん、アケミンさんという豪華メンツ。
全員が背中に「祭」とでっかく書かれた法被を着ているのは
今回のイベントのサブタイトルが「女の怒り祭り」だからだ。
前日が徹夜状態でヘロヘロだった私は
「怒りのエネルギーを浴びたら倒れるかも…」と心配していたのですが、
「怒り」よりも「祭り」優位って感じ。
会場には思いの外男子の姿もあり、
もしかしたら男子からの「モノ申す!」があるのかちら…との心配も
ものの見事に杞憂。
質疑応答コーナーで会場の男子から
「女子とどうやって接するのが正解か?」との質問があり、
「人間として接してください」との答えが笑いながら返されたのが印象的でした。
私だったら「え?男子とは全員と上手く接せられるの?」とか
イヤミを一服盛ってしまいそうだけれど、
まっとうな答えを笑いながら返せる度量に痺れた。
生命力溢れ、笑いに満ちた、楽しいイベントでした。

そしてちゃっかり打ち上げに参加。
喫煙と、そうでないグループに別れて座ったら、
ものの見事にサイゾーウーマンチームとそれ以外に別れてしまった。
最近のサイゾーウーマンのメルマガが面白すぎるということを
本人たちに伝えることができて満足だった。
特に今年のJ子は笑いの神様に見初められたかのような人生を歩んでいる。
是非とも皆様も会員登録して読んでいただきたい。

終電を逃したチームでまとまって始発まで。
下世話on下世話、下世話&下世話な会話の連続に昇天。
最後はマリエ姐さんが店の外ですっ転び、
見事に脚が宙に浮かぶ。
それをJ子と一緒に見ることができて、すごく嬉しかった。
これでアンタも友達だ☆って気分。
ベロンベロンに酔ったマリ姐をJ子に任せて送ってもらったら
「安彦さん宅のドアを開けた瞬間、犬が脱走しました。
不審者に間違われた私は、犬に追い回され、
安彦さんと犬の大立ち回りとなりました」とのメールが来た。
今年のJ子は本当に持ってる☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

夢子、イベントへ出る

去年からマリエ姐さんと「中年放談」というイベントを始めました。
この日は2回目。
CHUNEN-1.jpg
「中年の悲喜こもごも(気持ち喜多め)」を語り合うイベントなのですが、
サブタイトルの「中年ウォッチ」は、
イベントに来てくださった方々に、
「妖怪ウォッチ風のシールをプレゼントしたい☆」という
欲求から名づけたものです。
妖怪を考えるのは大好きだし、マリエ姐さんの描く妖怪が見たい☆
私がいちばん楽しみにしていました…のですが…

そうだよ、3月頭なんて、いちばん忙しい時なんだよ。
なんせ日数の少ない2月の月末は毎年パニック状態。
しかも確定申告もやらなきゃだし。
脳内のキャパオーバー。
そんな中、当日ギリギリで作ったシール。
パソコンの状態が最悪で、何度もフリーズする始末。
プリンタも壊れているし、シールに向いている用紙もわからない。
自分で言い出して始めたことなのに
何度も「バカみたい!!!」とブチ切れ状態になってしまいましたが、
出来上がったシールを見て
「バカみた〜い☆」と楽しくなりました
(なにげにしっかりした出来で、自分のiPhoneに貼ってみたのですが、
3週間経った今でもキレイな状態)。
作りたいアイテムがもうひとつあるので、
もう一回イベントができたらいいなあ…。
seal.JPG
入魂のシール!!

で、イベントは、お忙しい中&雨の中、
たくさんの人に集まっていただき、
しかもとても温かいムードの中、楽しくできました。
前半は「マリエの下の毛」や「マリエの号泣年越し」。
後半は会場の方々から「美ピンチ」を教えていただき、
笑いの絶えない楽しいイベントとなりました。
自分が何を喋ったのか、まったく覚えていないのですが、
翌日、マリエとの電話で「楽しかったねー☆」と話し合ったのは覚えているので、
絶対に楽しかったはずです!
またの機会には是非ともいらしてくださいませ☆
(ちゃんと告知しようよ!)
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

センパイをプレゼン☆

さて、お知らせです。
SENPAI.jpg
サイゾーウーマンの連載にてセンパイにインタビューをしました☆
34年間、スッピンで生きてきた理由と、
34歳にして、化粧を始めた心境を聞いております!
記事はこちら☆
いやー…楽しかった。そして、嬉しかった。
そしてそして、むつかしかった!!!

センパイとJ子と呑みながら話したんだもの。
そりゃあ、楽しいに決まってる。
そしてね、センパイのことを記事として紹介できたことが、
本当に嬉しいんですよ。
友達とか抜きで、本当にセンパイの文章が好きなんですよ。
センパイのあの血が通いまくった文章を、
一人でも多くの人に読んでほしいのですよ!
だから、一人でも多くの人にセンパイに興味を持ってもらえるよう、
そしてもちろんコラムとしても面白くなるよう
いつも以上に頑張りました。
むつかしかったー…っつーか失敗したかも!!!

全然、センパイの面白さが引き出せてない!!!
「内輪ウケっぽくないようにしなくちゃ!」と注意していたら、
ものすごく落ち着いた人みたいな印象になっちゃった!
違うんです!すごく痛快な女なんです!!
嗚呼…読み返して落ち込んでしまいました…
まあでも、好きなものほど、緊張して上手くできないものだよね☆どーん!!!←天誅
とにかく、センパイの素晴らしさはブログを読んで実感していただきたいです!

センパイのブログはこちら☆

この記事が出る前に、センパイに新しい日記を書くことをお願いしていたんですけど、
それがね、また本当にすごくいい文章なのです。(「いとしい怒り」シリーズ)
この血の通いまくった文章を何と説明したらいいのだろう…
とにかく、女子なら見抜けるはずだ。
「あ、この人、こういう人だろうな」って。
それがね、なんだろ「こういう文章書くのは、ああいうタイプだろうな」とかいう
裏を読むとか、察する感じじゃないんですよ。
文章と本人の直結感がすごいのです。ダイレクトに響く文章というか…
ああ、またしても上手く言えてないなあ…
なんだろう、FEEL IT系の文章っていうか…ああ、文章力がほしい…

話がグチャグチャになったついでに、昔話。
私の実家は父親が経済っつーか、経済史の教授だったもので、
本当に、どんな話も、ほとんどが江戸経済にこじつけられるという
アカデミックな、別名めんどくさい会話が横行する家だったのです。
思春期に父親が嫌いになり、
坊主憎けりゃ袈裟理論で、経済史どころか、学問&学者が大嫌いになったのです。
「上から語るんだったらよー、てめーの手で作り上げたもんだけ話せや!」
というスタンスの人間になってしまったのです。
その結果、社会の勉強とか全然しなくて、成績はボロボロ。
今も全然社会的知識が足りてない中年になってしまいました。
もちろん、歴史の大切さというものは実感できるくらいに、大人にはなっています。
父親とは30歳くらいで和解(一応)。
実家に帰るたびに呑んで語りまくるという、
思春期では考えられないようなことができるくらいの大人になりました。
で、元から大人だった父親は、老人になっていましたが、
まあ、相変わらず、全ての会話を江戸経済に絡めてくるワケです。
そして、ここがいちばんの大人ポイント。
昔はガン無視OR総スルーだったのに、
大人になった私はうんざりしながらも、父に質問ができるようになったのです。

「なんで今、その(自分が関係ない)歴史の話をぶち込んできたの?」
「その(いい気になって)引用した史実を、お父さんはどう受け止めてるの?」
「そもそも何で、歴史が好きなの(なのにどうしてプレゼンが下手なの)?」

実家を出て、色々な人と出会って語って、自分という人間は
「語られる対象と語る本人の関係性が希薄な会話は鼻くそ以下」
というふうにしか思えない人間だと痛感したわけです。
「あなたのことを鼻くそと思いたくないから答えて☆」という言葉は
もちろん( )で綴じて、父親に質問してみると、さすがは親子、
「おまえは、関係性を気にするんだな」と見ぬかれた。
そのことばには「卑俗な感性だな」という思いが
やはり( )で綴じられているのがわかる。
でもひるまない。
「そうなんだよね。で、答えは?」
この度胸も実家を出てから得たものだ。
追い詰められた父親は、それでも上から口調で語っていたが、
ちょっと恥ずかしそうだったし、嬉しそうだった気がする。
後々「俺には友達がいない」って言ってたから、
たぶん心を開いて話すという行為に慣れていなかったし、
新鮮だったんじゃないのかちら…
もう、失語症になっちゃったから確認できないけど…
って私は何が言いたいんだ?…ってセンパイの文章だよ!

そんなね、「本人発の言葉じゃないと、心に残らない派」の私がですね、
本当に「いい!」と思える文章なんです。センパイの文章は。
…ってなんか、やっかいな印象をプラスしてしまっただろうか…
センパイに対する礼儀だと思って、己を開陳してみたら、
父と同じくめんどくさいものが溢れ出てくる悲しみよ…
本当に、親子そろってプレゼンがヘタだね…
とにかくセンパイのブログは痛快に面白いので読んでくださいませ☆

取材こぼれ話
J子とセンパイとの呑み取材の合間、
突然、J子が「今、夢がかなってる…」とつぶやいた。
ついさっきまで、下世話な会話に華を咲かせていたのに何よ?と思ったら
「私、高校生の頃に安彦さんの漫画を読んで、
『私もキリコさんやニューさんみたいな友達を作って、
下世話な会話ができるようになりたいなあ』って思ってたんです」とのこと。
ちょっと感動してしまった。
誰かの夢のお役に立てる日が来るなんて思わなんだよ。
そうだよね。ものずごく下世話な会話だったものね。
「初めての自慰」とか…光栄だよ☆

最後に仕事の予告
8月から新連載がはじまる予定です。どうしよう☆
そして、熊田プウ助さんと今年も同人誌をやります。これまたどうしよう☆
posted by 大久保ニュー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

お知らせ色々☆

3ヶ月なんて、あっという間☆
…という書き出しも最後になるかもしれません。
去年から続けてきました、熊田プウ助さんとのトークイベント
「おしゃべりとお絵かき会」は今回でファイナル!
最終回でございます!!
FINAL01.jpg FINAL02.jpg
今回のチラシはプウ美姐さんのデザインです。
最後、ということで、プロムをイメージしてみました☆

今回のテーマは「お別れ」。
紙芝居もお別れをテーマに作られると思いますが、
今回は最終回でありながら新機軸。
今までは、テーマに沿ったお絵描きをみなさんに描いていただきましたが、
今回は皆さんから話していただいたエピソードを
その場で我々が絵にしてプレゼントいたします☆
漫画家としての力量が問われるこの企画(ひー)!
最後だからのヤリ逃げ企画ではありません!!!
最後だからこそ、気合いを入れて臨みまっせ!!!!!
というワケで、今回は皆様のお絵かきはありませんので、
絵が苦手な方も安心して御参加くださいませ☆
消化できなかったお別れエピソードを
我々の絵で昇華していただければ幸いです。
とびっきりのエピをご持参いただければと思います☆

熊田プウ助と大久保ニューのトークイベント
「おしゃべりとお絵かき会 Final」
2014年 5月25日(日曜)
@阿佐ケ谷 よるのひるね 19:00オープン
予約 1000+id500 当日 1300+1d500
是非ともご予約を☆

そして宣伝。
ただ今「まんが堂」様にて
『オネエさんといっしょ」というマンガを
1日1コマずつ配信しております。
sc31.png
一ヶ月10円コース以上に入会すると読めるようでございます。
ソフトバンクのiPhoneからは見れないようなのですが、
その他の方はトライしてみてくださいませ。
オネエさんと、その周りの下世話な交友録&ちょろっと恋みたいな感じです。
楽しく描いておりますので、是非とも御一読を☆

そしてそして、まったくここのブログを更新できていないというのに、
新しいブログを作ってしまいました。
歌謡曲についての愛を綴ったブログです。
その名も「白い風のラ・メール」
心のままに、ツラツラと書いておりますので、
よろしければご覧くださいませ。

あとは…サイゾーウーマンも続けてますよ☆
今月は「コルギ」にチャレンジいたしました
楽しかったけど、痛かった!!!
施術されてる間、私の脳内に浮かんだ曲は
リセット・メレンデスのグリグリでした。
私史上、最強のグリグリでしたよ!!
是非ともご覧くださいませ☆
posted by 大久保ニュー at 07:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

おしゃべりとお絵かき会5☆

3ヶ月なんて、あっという間!
シーズンイベントである
熊田プウ助さんと私のトークイベント「おしゃべりとお絵かき会」の
5回目が今週金曜、2月28日に開催されます。
もちろん会場は、阿佐ケ谷よるのひるね様。
今回で1周年だよ☆
よかった…なんとか体裁が保てた…
これもご来場くださったお客様のおかげであります。
osyaoe05.jpg osyaoe05-2.jpg
さて、そんな記念すべき1周年記念は春らしく
「めざめ」をテーマにしようと思っております。
まずは今回のテーマソング

久美子様の「スプリング・サンバ」☆
雲の影から差す光のような、
丘のふもとの祭りの太鼓のような、
春の喜びに満ちたイベントになればと願っております。

今回も私たちの紙芝居があります。
とりあえずそれぞれの「セクシャルなめざめ」について描く予定。
私はストレートに「男へのめざめ」にしようかと。
プウ美姐さんはどうするんだろう…セクシャルフォルダが多いからなあ…
おそらくマニアックなめざめをご披露なさってくれると思います(超18禁の)☆

そして今回も会場に来て下さった皆様にも
「めざめ」をテーマにお絵かきをしていただきます。
別に「セクシャル」である必要はありません。
「酒」や「着物」や「ジャニーズ」など、
趣味にめざめた時のエピソードを披露してくださいませ。
もちろん、「恋」や「セックス」や「相互オナニー」についてでも構いません。
私たちはどんなネタでも受け止める準備はできています☆

今まで、会場でスケッチブックを配って、
前半の我々のおしゃべりを聞きながら描いていただいていたのですが、
「時間が足りない」とか「おしゃべりが聞けない」との声もあったので、
会場で描くのが苦手な方は、事前に用意していただいても結構です。
B4くらいの紙に描いてご持参くださいませ。
もちろん「絵を描くのは…」という方は描かなくても結構です。
でも、私たちはどんな絵も受け止める準備はできています☆
会場の空気はいつも温かいのでご安心くださいませ。

みなさまの「めざめ」の披露によって
会場の誰かが目覚めるきっかけになったらステキだなあ…と夢想しつつ、
みなさまの御来場をお待ち申し上げます。
冬の最後の金曜日、すてきな春告げ会にいたしましょう☆
ご予約はこちらから☆
posted by 大久保ニュー at 08:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする