2007年06月12日

ママンとNINTENDO

朝一で歯医者へ。
診察券を出したら、受付のお姉さんから神妙な顔で
「すいません…予約時間を過ぎてしまったので
他の患者さんを入れてしまいました…」
私の持病「出がけにバタバタ病」のため3分遅刻したのだ。
今日で治療が終わるはずなので、待とうかと思ったら
「今日は診察がいっぱいなので、予約を取り直してください」
えー、そんなに流行ってる歯医者だったの?
「一番早い日ですと…来週の月曜なんですけど…」
3分遅刻で一週間待ち。これが人生なの?
一応、予約を入れてもらいましたが、
絶対、今度こそちゃんと行くつもりですが、
こういう時に限って寝坊する気がする…ニューの法則。

午後は実家へ。
オール電化に変えた実家。すごくカッコいい台所。
お風呂も電気で沸かすらしい。ママン、超御満悦。
外とお風呂で会話できるのが楽しいらしく。
お風呂に入っていると、やたら話しかけられる。
で、今、オール電化にすると特典として
WiiかDSがもらえるらしく、実家にWiiが。
接続してあげて、ママンのMiiを作ってみる。
我ながらすごくよく似たMiiが出来たのだが、
ママンから「もっと目を大きくして!」とか
「ちゃんと口角が上がった口にして!」とか文句がでて
かなり可愛めの70歳女子誕生。
ママンの女心と遭遇して、新鮮な衝撃を受けました。
早速Miiを使って「はじめてのWii」をプレイ。
ピストルを撃つママンの姿に、また新鮮な衝撃。

DSの「もじぴったん」にもまだハマっているらしい。
「このステージの8連鎖ってどうやるの?」
こんな言葉が70レディの口から出るだけでも衝撃なのに
やり方を説明しようとしたら
「自分で考える!」と拒否される。なんたるプライド!
「どきどきパズルは心臓に悪いけれど
こつこつパズルをやっていると、時間を忘れて
遊んじゃうから、どっちもどっちね☆」ですと。
図鑑GETにも燃えているらしく、本当に活き活きしている。
新しい物に拒否反応を起こさない親で嬉しい。
任天堂とナムコには感謝の気持ちでいっぱいです。
posted by 大久保ニュー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

散漫旅日記1 〜はじめての茶色〜

遅めの朝ご飯を食べてから、
ママンの運転する車で家族旅行へ。
秘湯マニアのママンプロデュースなので、当然、秘湯行き。
途中、軽井沢に寄り、早速お買い物。
ママンと私は買い物大好き星人だから☆
パパンは買い物嫌いなので、ムッツリしてたけど無視☆
浅野屋でパンを買い、セルフィユでジャムを買うが
どちらも東京で買えるらしい。東京で買えない物って何?
浅野屋がミッドタウン(この名前って恥ずかしくないのかちら?)に
出店していることをママンに教えたら
「四谷にもあるけれど、やっぱり味が違う気がするの」
「水が違うんじゃないかしら」と分析済みだった。さすが。

かなり人里離れた山道を通って長野県の角間温泉へ到着。
なんとこの日の宿泊客は大久保家オンリー。貸し切りだ☆
趣のある旅館は、客室からの眺めも素敵だった。
zeppeki.jpg
目の前が断崖絶壁。超巨大な一枚岩だそうだ。圧巻。
早速、露天風呂へ行ってみる。なんと混浴。
30年ぶりくらいにママンと風呂に入りましたが、
ここはにごり湯なので落ち着いて入れました。
人生初のにごり湯は…茶色。
chairo.jpg
白がよかったな…とか思ったけれど、すごくいいお湯でした。
パパンも御満悦。よかったよかった。

鯉とイワナをふんだんに使った夕食をガッツリ食べ
日本酒をいただく。すこぶるいい気分。
食後の花札は笑ってしまうほどツいていて、私の圧勝。
どうしても赤短が揃ってしまうのだ。
いつも、札を配る時は手が不自由なパパンの代わりに
私が配っていたのだけれど、
この日、負け続けだったパパンがようやく勝って
またも私が配ろうとしたら、パパンが自分で配りはじめた。
よっぽど嬉しい勝利だったのかちら。
ぎこちなくともちゃんと配るパパンを驚きつつも
フォローするママン。いい画だ。日々是進歩。
寝しなに内湯へ。これまたよい。
旅日記って散漫になっちゃうね。
posted by 大久保ニュー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

散漫旅日記2 〜温泉 de 造顔〜

目覚めると真夜中の3時。温泉は24時間入れるのだけれど
なんせ趣のある…つまりは幽霊が似あう旅館。
kaidan.jpg
怖いのでDSをやりながら夜明けを待って、一人入浴。
絶対に誰も入って来ないことがわかっている安堵感。
浴槽に仰向けで浮かんでみたり。
温泉の外のテラスにベンチが置いてあるので一服。至福。
女将が「ここの湯は疲労回復に効くんですよ」
「一泊でも肩が上がるようになったお客さんがいました」
と話していたのを思い出し、湯船に戻って肩こり体操。そして一服。
顔がツルツルしてきたことに気づき、
今度は湯船で造顔マッサージ。そして一服。
その次は浮かんだ状態で解毒瞑想を2セット。そして一服。
これ以上、ここの温泉を満喫した者はおるまい。

山菜づくしの朝食を食べてから、今度は一人露天風呂。
湯船につかりながら中南海に火をつける。
ぷはー。誰がなんと言おうと、あの瞬間、
世界で一番贅沢なのは自分だと思いました。
gokuraku.jpg
あまりの気分のよさに、ここでも仰向けで浮かんでみる。
目に入るのは青空オンリー。ひかる一平。
STOP、僕たち、時間を、止めてしまおう…
最高に幸せな気分で身体を起こしたら、
脱衣所に怪訝な顔をしたママンが。
あまりに遅くて心配で来たらしい…
あの瞬間、世界で一番恥ずかしいのは私でした…

最高に素敵な旅館を後にして小布施へ。
北斎館という美術館へ行ってみる。
まったく知識のない私は、北斎がすごくたくさんの
画号を使っていたことを初めて知る。
90歳まで現役バリバリで描いていたことも。
「42歳にして『画狂人』ってセンスはどうよ?…」
「富嶽三十六景って72歳から始めたんだ…」
洗練と悪趣味が行き来していたのか、混在していたのか。
晩年の画号は「九十老人卍」。
90までトチ狂えるのかと思うと、未来が楽しみになりました。
後続に希望を与える人間になりたいものです。
感謝の意を込めてパンフレットを買いました。

栗のお菓子などを小布施で楽しんでから
またも山道を飛ばして次の宿、七味温泉へ。
もち秘湯。ここは念願の白いにごり湯☆
小雨降る中、涼しい風に当たりつつ露天風呂。
ここも大久保家以外に2組しか客がいなかったので
貸し切り状態。ビバ、シーズンオフ!
囲炉裏を囲む夕食は量がすごかった。
「残さない」がモットーの私でもギブ。
花札大会。今日はパパンが圧勝。
寝しなの温泉でもパパンはずっと笑顔でした。
posted by 大久保ニュー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

散漫旅日記3 〜女が覗いた一茶〜

4時に目覚める。夜明け風呂だ!
当然、独占。心置きなく体操やらマッサージやら。
露天風呂から、目の前の山肌を霧が撫でてゆく様を
眺めながら中南海。ニューちゃん御満悦。

ゆっくり朝食を楽しんでからチェックアウト。
後部座席からぼんやりとカーナビを眺めていたら
え?「一条ゆかりの里」!?
一条先生がこの辺の土地を買い占めてるの?
よく見ると「一茶ゆかりの里」。
小林一茶の生誕の地だったようです。

急遽リクエストして、一茶館という展示館に家族で入る。
またも不勉強を露呈してしまいますが、
私は全くもっての一茶音痴の俳句知らず。
私たちのために一茶の生い立ちの映像を流してもらい
初めて一茶の人生を知る。はー、悲しい人生…
思いのほか良くできた映像にビックリしましたが、
ダイジェストだったので、どのトピックもあっさり。
見終わった後のママンの感想は
「どうやって遺産問題が解決したのかしら…」で、
私の感想は「50過ぎで金もなさそうなのに
どうやって若い女と3回も結婚できたんだろう…」でした。
ワイドショー視点でしか見れない私たち。
「最後の子は本当に一茶の子だったのかちら…」は
共通の疑問点でした。母子だネ☆
ママンは突然に疎開先で聴いた
「一茶のおじさん」という曲を思い出したらしく
その後、ずっと歌い続けていた。
脳内ループ状態になったんだね?
あるあるある。これまた母子だネ☆

ようやく帰路。高速に乗ったらパパンの機嫌が悪化。
何かよくない思考回路にハマってしまったらしい。
パーキングエリアに寄ってお土産を買いたい私は
なんとか機嫌を直してもらおうと、お気楽な発言をしてみたら
余計に怒らせてしまった。ご当地キティ、買えないかな…
さすが毎日相手をしているママンが、なだめ押さえ、
なんとかパパンに笑顔が。なんとか釜飯キティが買えました☆
本当に役立たずな息子ですいません…

なんとか実家へ戻ると、ご近所のご婦人が遊びに来る。
旅の話をした後、私の近況などを話す。
「そんな話、田舎じゃ聞けないわ〜」
「さすが東京よね〜」等と感嘆の声を頂戴したが、
「そういえば知ってる?」と地元のニュースを聞いてみると
割とカジュアルに人が死んだりする話で怖くなった。
「この辺、アライグマが出るらしいの」という話も
農作物が荒らされるので、罠をしかけたらラスカルがかかり、
発見した農家のおばあちゃんは鉄パイプで頭をたたいた後
沼に捨てた…というファンシー怖い話でした。
そんなの東京じゃ聞けないわ!!!

夕食は長野で買ったソバ。天ぷらもどっさり。
揚げ物ができない私は、ママンにお願いして
アボカドの天ぷらを作ってもらった。
これ、当たり☆ ママンも気に入ったようだ。
アボカドの種の取り方をママンに教えてあげて
ようやく役に立った気分になりました。

最後の花札大会。ママン圧勝。
「未来永劫続く天下などない」
「勝ちたいなら続けろ」
学習いたしました。
posted by 大久保ニュー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

祝われて(女は海)

「類は友を呼ぶ」なのだろうか、
私たちのグループには6月生まれが、わんさかいる。
生まれ順に記すと、オモティ、じゅんじゅん、おたか、千恵子さん、
フォリ氏、ヒコ、マリエ、ツッキー、私。
ちなみに9人中、6人はB型だ。
今日はシーズで6月合同誕生会だった。

オモティとフォリ氏と麻理絵姐さんが欠席となってしまいましたが
盛大なパーティーとなりました。
こんなにたくさんの「祝われる側」がいるので
プレゼントはいらないと言っていたのだけれど
みなさんから素敵なプレゼントをいただきました。
みんなキャラの立ったプレゼントを選んでいるので
プレゼント&お土産センスのない私は感激&感服でした。
身に余る幸福でございます!

祝われる組だと言うのに、千恵子さんには
素敵なパーチー料理を用意していただきました。
マリエ用にと三日間煮込んだ角煮&煮卵。超びみかった☆
姐さんの分もと、しっかり味わいました。
nitamago.jpg

そして、ケーキ! 
みんなの名前が寄せ書き風に書かれた特大ケーキ! 
ケーキって人をアッパーに幸せな気持ちにしてくれるものですね。
「ケーキのような人になる」というのも
37歳の命題にいいなあと思いました。
bbcake.jpg

今回、マリ姐夫妻が欠席という連絡があった後
ちょうどTさんから連絡があったので御招待したのですが、
「こんな大集合のアウェーに呼ぶのは失礼だったかちら…」と
後から心配してみたり。ええ、私は考えなし。
瓜や柿丸姐さんも年に一度のアウェーだったけれど
みんなちゃんと話ができていて嬉しかったです。
強引に自己紹介タイムを設けてみたのですが
みんなキャラが立ってるなあとしみじみしました。
とりあえず「Wikipedia風に!」と設定して
周りが付け足しで説明をすることにしてみたのですが
私のこともみんなに説明してもらいたかったなあ。
来年にでもやってもらいたいです。

ごちそう&酒&愉快会話。
終盤は、おたかがTさんカップルをいじり倒して笑い死ぬ。
夜明けにはグダグダなグルーヴでしたが…アンビエント!
誕生会帰りの夜明けのあの雰囲気は好きだな。
パーティーの終わりはさみしいものだけど、
全然さみしくない祭りの後。
新しい歳はこれから始まるんだよ☆
と思うには朝がいいじゃないか。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

THE DAY AFTER(ヒロキの罪)

思いっきり夕方起き。
みんな…仕事だった人は無事に働けたのだろうか…
とりあえず夜明けまで付き合ってくれた千恵子さんが
ちゃんと開店できているのかを確かめにシーズへ。
ランチもこなしたらしい。流石☆

大好物「豚肉の明太子炒め」をツマミに呑んでいると
わお、なつが帰ってきた☆
隣で呑んでいたら、なつの野球のコーチが登場。
なつは中学まで少年野球チームの初代少女選手だったらしい。
「胸ゆらして走ってたよな!」とはコーチ談。
来世は野球少女になりたいと、固く決意。

しばらくして、イチゴ狩りに行っていたという先輩が
大量のイチゴを手に登場。この、シーズ好きめ☆
オレら、「シーザー」って名乗っていいよな。
当然、女子トーク開花☆
最近、男子を「油」と「粉」に分類するのが流行っているのだが、
「見た目」と「中身」で更に分類して遊んでみた。
周りの男子を片っ端から「ヤツは粉油だネ☆」
「え〜、油粉じゃないっすか〜?」と
傲慢女子遊び(最高楽しい☆)をしていたのだが、
じゅんじゅんだけが分類できない。ん〜…
結局「ゴマ」ということで落ち着く。
自分の歴代の男を考えてみると、見事に油まみれだった。
「私、油油しかないや…」
自分で言って語感に痺れました。
写真はゴマじゅん。gomajun.jpg

じゃあ、女子でもやってみようよ☆と提案してみたが
「油と粉って分け方はヤダ…」
「粉って言われるのは悲しい…」と却下される。
この、わがまま女たちめ!!
「肉食、草食の分類だったらいい」というので
周りの女たちを考えてみたのだが、
みんな「中身は肉食」だった。怖い怖い。

昨日のパーチーの話になって
「ヒロキはやっぱりかっこいい☆」と場内一致。
あの場内を楽しそうに眺める、あの笑顔。
ここぞという時に盛り上げる、あの演出力。
知らない人にも話しかける、あの優しさ。
「男っぷり」ってああいうことだよ!
さんざんヒロキの美点を挙げて盛り上がったけれど
「でも、私の男にはならないんだよね…」と
世の中を恨みたい気分になる。
人を狂わせるのは、いい男のSAGAですね…
写真はヒロキがみんなにプレゼントしてくれた
エヴァのTシャツを着ての集合写真。
私がもらったのは「ゼーレ、魂の座」。なぜ?
evas.jpg
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

37祭

あああ、37歳になるまでには、部屋を片付けたかったのに…
スラミィな部屋のまま、誕生日を迎える。
いきなり虚脱感。
いかん、いかんよ!
気を引き締め直す気分で、37歳最初の仕事、
ナラポアさんとの打ち合わせへ。

しかし、待ち合わせに遅れる…あああ…
しかししかし、珍しくスムーズに話が決まった。
冴えてるかも!37歳☆
残りの時間は当然雑談。意思疎通は雑談から。
ナラポアさんのお宅には、ウォーターサーバーがあると聞き
自分の家にも欲しくなる…が、浄水器のフィルターを換えたばかりだ。
贅沢なんかしてられねえよ、初夏。
Loftで麦茶用のポットを買う。
自分へのプレゼント第1弾☆

そして、プレゼント第2弾のために青山へ…
今日はマッシュとアネモネのファミリーセールなのだ!
イハラちゃん、ありがとう☆
まーちゃんとセール会場へ突入。
ひー、マジッコ欲しかったシャツがあるよー!!
ぎゃー、買い逃してたアネモネのTシャツが!!
暴れて暴れて暴れ買い。でっかい買い物バッグがパンパンに膨らむ。
なのに合計●●円!?
人生で一番充実感のある買い物でした…
マジッコイハラちゃん、ありがとう☆☆☆

同じく、充実した買い物をしたまーちゃんと
戦果を讃え合うために居酒屋へ。
「軽くネ☆」と言っていたのに
乾杯をする我々の手には大ジョッキ…喜び、デカかったもんネ☆
bigbeer.jpg
考えてみると、まーとサシ飲みって久々だなー。
みんなと呑む時とは違う話も出るから
「貴様と俺飲み」って楽しいなー☆
ネタになるような素敵なフレーズもいただき、充実飲みでした。
酔っぱらってきたら、先日、あれほど盛大に祝ってもらったのに
「祝福が足りない!」と男子に電話をかけて強制祝福。
寝てたり、仕事してたりしたのに、すいませんでした…

家へ戻ると、下の店舗の方から呼び止められる。
先日、自分の単行本を渡していたのだが
そのお礼にと沖縄のお土産をいただきました。塩。
あははー、思わぬプレゼントをもらっちゃったや☆
しみじみ嬉しいなあ。
もう、充分にプレゼントはいただいたので、
これからは喜びを与えられる37歳でありたいです。
soltmash.jpg
嬉しい塩と、戦利品の一部☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

観劇日和パート1

藻田るり嬢の勇姿を拝みに王子へ。
「あひるなんちゃら」という初めて観る劇団…うっ…
本当は前回の公演を観に行くつもりだったのに
寝坊してキャンセルという迷惑をかけてしまったので…
今回は這ってでも観たかったのです!

というワケで自分としては、かなり余裕を持って家を出たのに
池袋で山手線の外回りに乗ってから、
「あれ…王子って、どう行くんだっけ?」と根本問題。
乗り換えで迷い、駅についてからも劇場まで迷い、
たどり着いたのは開演3分前でした。

掃除ができなかったり、時間が守れない人を
「ADなんちゃら」と言うのは知っていましたが、
絶対に5分前につかなきゃいけないと思う人も
ADなんちゃらだということを、先日、ナラポアさんから教わりました。
同じADなんちゃらなら、余裕のある方になりたかった…

ADはどうでもよく、あひる。
藻田さんは、やっぱ「面白い顔(褒め言葉☆)だなー」と
つくづく思いました。なのに役は受け。贅沢!
受けでもリアクションで笑いを取っていて、
流石!と思いました。

劇中に坊主頭のイケメンが出ていて
「誰かに似ているなあ…」と考えていたら
俳優の「豊原なんちゃら」に似ていると気づきました。
トレンデードラマ時代から活躍されてる俳優の。
私はずっと豊なんに対して
「この人は、かっこいいのだろうか?…」と
懐疑的な気持ちでいたというのに、
今、その豊なん似の彼にときめく私って…
坊主ならいいんかい?と、自分の軽薄さに嫌気がさしました。
いや、その坊主の彼も受け芝居が素敵だったのです。
「受けで輝けてこそ役者」。って言葉はあるのかちら。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

観劇日和パート2

IZUMIちゃんの勇姿を拝みに吉祥寺へ。
こちらは2度目の「劇団本谷有希子」。
持病の「出がけにバタバタ病」が悪化してしまい、
またも開演3分前に到着。来世こそ…

大きな劇場の後ろの列からの観劇だったので
役者さんの顔が判別つかなかったのですが、
声だけでIZUMIちゃんがわかった。
するともう、表情もすべてわかる。
大輪女優、万歳☆
今回はダークサイドな演技だったけれど、
しっかり華がありました。もち大輪☆

何度目かの拝見となる吉本さんという女優さんは
今回、二宮SAYOKOに似ているような気がしました。
台詞回しとかが。すると顔もそう見える不思議さよ。
電球を割りそうに見える私の単純さよ。
IZUMIちゃんにも、吉本さんにも
女・飛翔系のお芝居をやっていただきたいです。
さぞや大輪の華が咲き乱れることでしょう。

股間を掻いて恥じらったり、
「尻の穴!」と叫んだり、
病に伏したりとIZUMIちゃんは魅せ所満載☆
しかし更に、カーテンコールでの仕草が!
喝采の中、他の出演者に見守られながら登場して
恒例の光子おじぎ。そして主演の男性を迎える
あの目配せ。憧れの縮図を目の当たりにしました。
これも来世でどうにか叶えたい野望です。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

素人、天国へ

雨。家のベランダにはヒサシがないので、
雨が入り込んでしまうため、窓が開けられない。
しかも、下の階に飲食店があるために、
熱気がガンガン上がって来る。
つまりものすごく、蒸す。
今年初めて、エアコンを使いました。
安らかなる除湿。久しぶりに快適な昼寝を堪能しました。

夜、Tさんと会食。
出かける前に余裕を見て、待ち合わせ時間を決めたのに
またも持病が…タクシーに乗って落合へ。
店の前まで乗り付けようと思ったら、
まんまと駅から反対方向へ行ってしまう。
結果、大遅刻。いつまでこんな自分なのかちら。
涙じゃーじゃー。沖縄料理屋だったので。

ナラポアさんからADなんちゃらのサイトを
教えていただきました。ぺこり。
http://d.hatena.ne.jp/Maman/20050825
思いっきり1のタイプ(典型的)に重なるのですが、
最後まで見ると、結局ADなんちゃらって「欠点」ってこと?
これなら誰でも重なるさ!重なるよね?…あれ?
私は人の話は聞く方だと思うので
「典型的ダッシュ」ということにします。
あ、「素人が勝手に判断する事はとても危険」だって。

で、沖縄料理。3回目になるだろうか。
沖縄には行った事はないけれど、ここは本当に本場っぽい。
これまた素人の勝手な判断。危険?
駆けつけ一杯、オリオンビール。
ああ、夏だ…と、喉へのしみ込み方で実感。
お約束の「厚切りゴーヤチャンプル」を堪能…
すると身体が泡盛をほしがってしまう。
イッツオートマティック。パラダイスにいるみたい☆
豚レバーなどをツマミに、先日の誕生会ネタをツマミに
泡盛(海乃邦)で、とことん昇る。ぎゅんぎゅーん。
あははー、楽しくなっちゃったー☆
Tさん、うち来る?ってかWiiやる?
全然掃除してないけどさ、ほら、私、典型的ダッシュだし☆
ADなんちゃらって周りの理解が必要なんでしょ?
アンダースタンミー☆ 超勝手判断。これは超危険。

「Wiiスポーツ」を初挑戦。
私がボールを投げる図なんぞ、とてもレア。
一体、何年ぶりにこんなポーズを取っただろうか…
噂には聞いていたけど、ボウリングはすごいね。
これ、まんま、ボウリング場の空気が漂うよ!
簡単なスペアをミスった後の、煙草の味の不味さも一緒。
私は惨敗。スコアが112というのもリアル。
ボクシングも面白いなー。
人を殴る動作をする編集さんなんて初めて見たよ!
色んな人にやってもらいたい。
そして、やっているところを眺めたい。
こんな感想がでるだけでも、Wiiってやっぱ新しいのね。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。