2007年06月04日

心象作業風景

怒濤のネームづまり。自分でびっくりするほどの。
「漠然と考えた展開」
「漠然キャラクター」「漠然シチュエーション」
「どうしても入れたいギャグ」
「確固として決まったページ数」
これらを合わせて一本にする作業は
いつも「人造人間」を作っているような感じがする。

一応、人間の形に見えるように作ってはいるつもりだが、
どうしても縫い目を目立たなくしたり、血管を繋げたりと
細かい作業ばかりが気になってしまう。
よって、ようやく完成が近づいてくるといつもの不安が訪れる。
「これって…ちゃんと人間なのかな?」

こういう時には、うつろちゃんに電話。
マッドサイエンティスト仲間。同期だし気が楽なのだ。
一通り話を聞いてもらって「繋がってる?」と質問する。
うつろから「繋がってるよ」と言われたら一安心。
あとはひたすら完成に向けて埋没するだけ。

この日も、うつろの「繋がってるよ」をいただいて
一匹の人造人間が無事に誕生。
posted by 大久保ニュー at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする