2010年09月02日

笑顔よ導きたまえ

「フミヤみやげの塩辛があるよ☆」
との素敵情報を入手したのでシーズイン。
jom.jpg
今日のメインはジャンボオムレツ☆
独り占め喰い!
そして更なるスペシャルメインの塩辛☆
siok.jpg
福岡の天ぷら屋さんの塩辛らしい。
柚子の風味がまたご飯欲をそそる熊逸品☆
おかわり&おかわりで昇天…

閉店時間をとっくに過ぎた頃、おたか登場☆
って思ったら何?顔が青いよ!?
聞けば激務の連続だったらしい。
「何も食べられない…」というおたかだが、何か喰ったほうがいいべ。
「すげービミい塩辛があるぜ」と強引に食べさせてみると、
「おいしい☆」と満面の笑み。
笑顔につられてか、顔に赤みが差してきた。
「苦しい時ほど笑え」というのは真実なのきゃもね。
満面の笑みをくれる料理に最敬礼であります!
bond.jpg
デザートはアンドーくんの大分みやげ。
パイの中はクルミ入りのあんこ。
またしても笑顔をありがとう☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

聞いてるだけ☆

ますだ氏より招集がかかり新宿へ。
ますだ氏オススメの「全品280円」という居酒屋。
どんだけショボイのかと思ったら、
どれもかなりの量で、美味しい…よ?
とても嬉しいのだが、とても後ろめたい気分になる。
どういう仕組みなんだろう…

漫画家ネットワークでの話題の中に
「原稿料なんぼ?」っつーのがあるワケですが、
どんなに有名な方でも上限ってだいたい変わらないのですよ
(あくまで聞きかじり知識☆)。
イラストとかは全然別だけれど(これまた聞きかじり☆)。
だから上の話ではそんなに驚かないのですが(妬むけど☆)、
下の話はどんどんすごい話が誕生していて怖い昨今なのです。
私も目ん玉が引っ込みきるくらいの値段で
交渉されたことがありますが、
先日、それのさらに半分の値段で交渉されたという話を耳にしました。
言われた友達は「そんなの誰がやるんですか?」と尋ねたところ、
「やる人はいる」と言うのだそうな。
とにかくデビューしたい人とかが、そのお値段でやってしまうそうなのだ。
どんだけ鬼やねん!!!!

「安くて美味しい」はとてもありがたいことだけど、
やっぱり下限って必要だと思う。後続のためにも。
とりあえず私自身が安い人間になってしまわないよう、
いつも以上に店員さんに対して優しい笑顔を心がけました。

話が重くなってしまった。
で、今日は何の集まりなワケさ?と尋ねると
「頭がポンポンするっス」と、ますだ氏。
ほほう、ポンポンですか…って何だよそれ!?
つまりは「恋に悩んでいる」との話だったのだが、
なんでそれが「ポンポン」?
いや、まあ、どうでもいいや。恋の詳細を聞かせろ!!

詳細をみんなで拝聴。
要は「無理めな相手」への恋心らしい。
ああ、なんてちょうどいい話題☆
いつものように無責任なアドバイスを上からかます。快・感☆
恋の話は軽い気持ちでつきあえるからいいね。
「重いのだってあるよ!」という反論もあるだろうが、
そんなの他人は共有しなくていいじゃない?
本人が「好きでやってること」なのだから、
周りはテキトーに扱っていいと思う。
いや、でもますだ氏だけじゃなく、友達の恋は応援してるよ☆
願わくば、ネタになるようなエピを作ってね〜☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

初めての「ついでに」だったかも…

フォリ助がシーズインするとのことで同伴。
シーズ近くの駐車場にフォリ助の車を発見する。
foricar9.jpg
これかあ…実物も可愛いなあ。
そう、先月、フォリ助は念願のマイカーを購入したのだ。
ずいぶん前から欲しがっていて、
何度もスカイプで購入会議を開催した。
まあ、車知識はゼロなので、
「絶対、サンルーフがいいって!」とか
「絶対、青い車が似合うって!」とか
「ガルウィングの車に乗ってみたい☆」とか
「その車の名前はフォリっぽくない!」とか
あくまで無責任な参加だったけれど。
でもとても楽しみにしていたのだ。
「まずは箱根だな☆」とか。
「最初に聴くCDはAAAのアルバムかな☆」とか。

このCMも強引に見せたなあ。憧れだったの。夢だったの。
フォリ助が本当にキャンバストップの車を買ったと聞いた時には
「これで私もキャンバストップの太陽族になれる☆」と胸ときめいたものだった。
しかし、新車お披露目会に私は参加することができず、
シーズメイツが続々と太陽族になっているのを尻目に、
ことごとく都合が合わなくて乗れなかった私。
いよいよ今日は乗れるのかちら☆

今日のシーズはヌルヌルそうめん。
nurunuru8.jpg
ヌルヌルさせていると、まーちゃんも合流。
恩人まーちゃんとアブファブ話。
フォリ助もまーの家で見たようだ。
「先週はフランスに行ってたよ」
その回、大好きなんだよ〜〜〜〜!!!
嗚呼、早くエディナとパッツィに逢いたい…

まーちゃんの「火が通ったピーマンが嫌い」話とかで
論争になってから解散。
フォリ助はまーちゃんを送ってゆくらしい。
「ニューさんも乗ってゆきます?」と誘われたが
1分も乗れないしな…
なぜか急速に心が冷めている自分に気がつく。
嗚呼…これはアレだ。
私の中の唯一の男らしさ「処女好き」ってヤツの仕業だ。
「ついでに」とかじゃ満足できないのだ。
「その車で初めてのトライ☆」とかじゃないと。
心底どーでもいいと思う性癖だが、
性癖は性癖。頑固なの☆
これはきっと、火が通ったピーマンみたいなものだ。
青椒肉絲みたいな幸せ等を逃しているのでしょうが、
火が通ってないピーマンで倍の幸せを感じ…られる…はず……
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

負けたくない!熱くなる!!

昼、溜まりに溜まったポストの中のDM等を持ち帰る。
部屋に戻ってピザの広告だけ抜き取っていると…
おや?
何か豪華な葉書があるよ?これは…
アシコウからの年賀状!?九月だよ!!??
と驚いたが、消印を見ると先月届いたらしい…ごめん!!!
でも8月だよ!!?
私の中の年賀状最遅記録が更新された。
そして、歴代最豪華年賀状だった!!
nenga0.jpg
この2枚が貼り合わさった状態で送られてきたのですが、
左のカードがおわかりになるでしょうか?
なんとパウチされたトレーディングカードなのです!
しかも、三国志テイストなオリジナル!
しかもしかも、ちゃんと私がデザインされているの☆
すげーなぁ、アシコウ…これ、全員分作ったんでしょ!?
熊リスペだよ☆

ちなみに私のトレカ内キャラは「母保義」という名で
「仁義に厚き魂と森羅万象を司る筆にて占を描く」キャラらしい。
武具は「判官筆」だって。楽しー☆
このゲーム、やりたいよー☆
えー、私もなんか作りたいー!!
アシコウの創作の情熱が伝染したよ。
ポジティブなヴァイブスをありがチュ☆

夕刻、うつろさんから緊急電話。
「テレプシの最終回、読んだ!?」
「えっ!!!!!!?????」
私は単行本で読んでいるので、寝耳に水だった。
え、だって、全然終わるような感じじゃなかったじゃん!?
そして熱い熱いテレプシ会議。
ここまで人を熱くさせる作品を私も作りたいものです。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

いいじゃないの美しければ

いはらちんよりシーズのお誘い。
行きたい…けど…と躊躇していると
ヒロキがフランスのお友達とシーズインとのこと。
今日はイン日和なのだろうな…乗るか☆

シーズの扉を開けると
ヒロキよりたくさん噂を聞いていたカナメくんと
ザ☆仏製美女のキャロルさんが!
キャロルさんのあまりの可愛らしさにイハラと悶絶。
美しい金髪と魅惑のリップライン。
もしかして、貴女は噂のファムファタル!?
思ったことは声に出してみよう運動。
「キャロルはフレンチギャルの中で何てジャンル?」と質問すると、
キャロルはとても困り顔になった。
もしかして…Les 愚問でした…か?…
「日本人はカテゴライズしたがるんだよ」と男子達が説明してくれる。
ごめんね、下卑た性質で…私のカテゴライズは「下世話」でいいよ☆
カレシであるカナメくんの弁によると「内気」だそうな。
求めてる答えじゃなかったけど、ノックダウンされたよ☆
フランス人にも「内気」ってあるんだなー…
いや、マリー嬢も「はじらい美人」だもんなあ。
日本人男子は内気なフレンチギャルにちょうどよいのかちら。
となると、私にちょうどよいのは、どの国のどんな人なのだろう…
いつだって移住するよ!!!

イハラちんがプロデュースしている靴下シリーズの
イメージ画があったので、キャロル嬢にも意見を求める。
いつもなら果敢なイハラちんだが、
今日はなにやらモジモジモード。どした?
「私…最近、可愛い女子が好きで…」とイハラちん。
へ?イハラと言えば「イケメン好き」じゃんか!
結婚して本当のセクシャリティに気づいちゃったとか!?
「なんか…どうでもいい男とヤるくらいなら
可愛い女子の方が全然いいなって☆」
わお…そーゆーことですか…美に生きてるね☆
nori7.jpg
今日のメインは海苔でまったく見えないけれど
熊豪華なちらし寿司だったよ☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

悩みが砕けたら華やかな9月

夜、おたかとあぶさんへ。
メニューを見ていたら、え?焼きそば?
瞬時に心が脳が舌が焼きそばを求め出した。
yakisoba5.jpg
出てきた焼きそばは、あぶさんらしいボリューム☆
味もとってもヤング味で、心が脳が舌が満たされました。

充足した舌での会話。
先日の夏カラオケの感想として
おたかが「隆詩は意外と重い」という。なぜ?
「小麦色のマーメイド」での
♪あなたをつかまえて生〜き〜る〜の〜
の「生きるの」が重いと言うのだ。
なるほど思い返してみれば
「風立ちぬ」の「1人で生きてゆけそうね」とか
「赤いスイトピー」の「あなたの生き方が好き」とか
「制服」の「ひとりぼっち、ひとりぼっち、生きてる」とか
「天国のキッス」の「わたし生きてるの?」とかポロポロ浮かぶ。
でもさあ、「生きる」って重いのか?
生きてる実感に結びつかない作品なんて意味あんのか?
印を残したくないなら、●んでしまえばいいんじゃねーの!?
充実した舌でまくしたててみました。
ことば遊び。至福☆

日記の中でやたらと「生きる」を使ってしまう己のクセを
「年寄り臭いなあ…」と思っていたのだけれど、
もしかしてこれは「隆詩遺伝子」なの?
とか思うと心が華やかになりました。

モスへ移動。
cshake4.jpg
外のベンチでコーヒーシェイク。
おたかが千川通りを眺めながら「夏も終わりだね」とポツリ。
そして「夏が過ぎ去るのを毎年姐さんと見ているね」と
私の顔を見ながら語りかけてきた。
うん…確かにそうだけどさ…
季節を大事にする感性はとても大好きだけどさ…
それ…恋人に言われなきゃ微塵も嬉しくない台詞だね☆
っつーか夏どころか秋も冬も春も言ってるじゃん!
てかこんだけ頻繁に会ってりゃ当然だ!!
ロマンティークな台詞は恋人限定で発していただきたい。
ビコーズ、圧がすごいの☆


あっ、「野ばらのエチュード」の
「この私、連れさって生きる人はあなただけ☆」ってのもあった。
このフレーズをポップに響かせられる声って
やっぱ偉大だわ〜〜…人生で数億回目のリスペクト☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

非常時こそ女優時

前日より実家イン。
今朝もはよから姉も合流し町田へ。
今日は従兄の奥さんの7回忌なのだ。
またあのイヤミな坊主の説法を聞かなくてはいけないのだ…

町田までの道中、ママン&姉&ニューでキャイキャイ。
姪っ子が軽音サークルに入ったらしく
今はサークル合宿らしい。
「だったら、ドラムのカレシを捕まえなくちゃ!」という私に
「どうして?」とママン&姉。はあ?
「実家が金持ちだからに決まってるじゃん!!!」
数々のバンドマンと付き合った女を見てきた私だもの。
説得力のある話をバシバシキメていたら、
パパンがなにやら主張している。
「曲がるとこはまだ先ですよ」とママンが相手したが、
しばらくしてから「あそこで曲がらなくちゃいけなかったんだ…」と判明する。
パパンは病気になってからも、道順には正確なのだ。ごめんね…

とりあえず次の角で曲がると、曲がり角にパトカーがいた。
我々の車が通り過ぎると、いきなりサイレンが鳴り出した。
「あら、事件かしら?」とノンキに構えていたら、
後ろからパトカーが追いかけてきて止まるように命令される。
思いっきり車線変更違反をしていたらしい。あれま。
交通ルール知らずの私はぼんやり。
ママンは「これからお葬式なのよ…」としおらしい声を出していたが
「関係ないです」とバッサリ。そりゃそーだ。
人間的には全く尊敬できないことだけれど、
おんな的にその女優根性は立派だと思ったよ☆

法事は滞りなく終了(坊主はやはり苦手だったけど…)。
それにしても7回忌ともなると身内だけなのは当然だが、
結局は旦那の親族だけなのだ。
奥さん本人の親族は二人だけだった。
嫁に行くってそういうことなのだろうか…
っつーか、法事って寺が潤う以外に何の意味があるのだろう…
町田に行けば仏壇に手を合わせているわけだし。
もっと歳をとったら切実なものになるのかちら…
この法事が不可解な感覚も「若さ」のひとつきゃもね☆

夜、江古田に戻ってシーズイン。
フミヤ&カノジョさん&アンドーくんという
同じ大学3人組の図を初めて見る。
カノジョさんとアンドーくんは同学年なので
タメ口で話すアンドーくんというのも初めて見る。
新鮮、且つ、セクシャル☆
ほら、「へー、男っぽいんだね」って思うのって
ベッドの中っぽいじゃ…ない?…なんでも下思考禁止!

今日は写メり忘れた。
hankasu.jpg
写真は前日の実家みやげ「半熟カステラ」。
案の定、ママンは「どうやって作るのかしら…?」と
挑むような瞳で味わっていた。頑張って☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

セクシャル&ショッキン

仕事の嵐のど真ん中だったが、
夜、いそいそとおたかのライブへ。
だって今日のライブはドラムが永田くんなんだもん☆

永田くんが在籍する「在日ファンク」。可愛いよねー☆

帰ったら仕事だし、今日は呑まない!と決めていたのに
受付で「ワンドリンク注文してください」と言われ
間髪「黒生を」と返す自分に呆れる。
私ってたぶん意思ってのがないんだと思う!
うそ。ないのは自制心☆

おたかのライブは楽しかった。
しかし、それ以上に悔しかった。
ちくしょー、可愛い男子を3人もはべらせやがって!!
今回のライブを見て、永田くんのキャッチフレーズは
「セクシャルドラマー」に変わった。
理由は、まあ、叩いてる姿がセクシャルだからなのだが、
詳細を書くと喜ばれそうにないので自粛。
ミュージシャンを喜ばす言葉ってむつかしいね☆
うそ。私の受動回路がイカレてるだけ!

途中、おたかの友達のボーカル男子がゲスト出演。
おたかの「シャウトして!」というリクエストに
アドリブで応えたのだが、そのシャウトがすごかった。
かっこいーなー…思わず呆然としてしまうほどクール!いや、熱い!どっち!?
ライブ終了後、私はすぐに帰らないといけなかったのだが、
隣のエミューさん達がいるテーブルに、そのシャウト男子も座っていた。
感想を伝えようかと思ったが、きっと喜んでもらえそうもないので
会釈だけして会場を去った。
だって「KLFを思い出しました☆」とか言われても嬉しくないでしょ?
私にとってはシャウトへの最高の賛辞なのだけど…

この曲が大音量で流れるフロアで踊り狂いたかった…
ジュリアナ東京ではヘビロだったらしいけど…

帰り道、ショッキングな現場に遭遇。
瞬時に脳から「記憶するな!!」との指令がでたのでモザイク処理。
ほとんど何も見ていないのだが、ダメージはずっしり。
すかさず可愛い男子達に電話をかけて恐怖を分散させる。
ああ、こういう時には一緒に住んでる男がほしい…
すがりつけるバディが必要だ。
人は一人では生きられないだね…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

涙の数だけ脂肪を燃やせ

楽天で投げ売りされていたクロックスをまとめて買ってしまった。
dcro.jpg
前から気になっていたディズニーバージョン。
ミッキーが好きというワケでなく、この配色が!
これから先10年は、これを履いて暮らそう☆と思っていたのに
いざ足に会わせてみると…あれ…小さい?
表示はしっかり26〜27なのに…
うすうす気がついていたが、足の裏まで太ったらしい…
以前、センパイが言っていた名言、
「指が太ったらデブ確定」を思い出す。
せつないなあ…
浮かれまくったディズニー柄を握りしめながら涙。

悲しみをまぎらわすため、うつろちゃんに電話。
先日のショッキング体験を報告する。
男子達に電話をかけたけれど、
やっぱり触れる男がいなくちゃダメな時があるよね…と
一連の流れを伝えたら
「それって、大島先生の漫画みたいだね☆」とうつろちゃん。
え?なんだっけ?
「『電話じゃだめ、電話じゃだめ』って台詞」
ああっ!……ってわかりたかったけどパス。
正解は「夢虫・未草」だった。わーん!大好きな話なのに!!
好きな台詞を実生活に混入させるのが大好きなのに!!
今日から復習だ!と文庫の「ダリアの帯」を読む。
そして、美しすぎるネームの数々にひれ伏す。
昔から好きだった「乱切りにんじん」を読んだら涙が流れた。
これで泣けるように生きてこれてよかったなあ…

深夜、ネットにて斉藤由貴先生の「17年ぶり」の
ニューアルバムが発売されることを知る。ぎゃー!!!
今年はEELSが2枚も出て、THERAPY?のライブ盤が出て、
ジュリ姐もピーガブもTRICKYも出て、
それだけでも「惑星直列!?」ってくらいの奇跡なのに、
由貴先生まで発売されるだなんて!!!!!!
年末まで、なんとしても生き抜かなくちゃ!!!
前夜祭気分で最愛アルバム「LOVE」を聴く。
「いつか」のイントロで涙があふれる。

この曲を青春時代に聴けたのはなんて幸せなことだろう…
そして、今も真芯に響く心を持てるように生きてこれてよかった…
今日はよく泣いたなあ。地味ながらいい一日だった。
さて、明日からの美しい人生のためにダイエットだ!!!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

つれづれキャンプ日記2010−01

シーズキャンプ第5弾!
今年はイベンター夫婦である前川夫妻の仕切り☆
またしても当日の朝ギリギリまでCDの選曲に命をかける。
またしても徹夜で参加だよー…

さて、今年の参加者は…
イハラちん(ママ)、ユーちゃん(神様)
千恵子さん(ドッキドキ)、ヒロキ(ラッセルさん)、
アリ(流し)、まーちゃん(おだやか(当社比))、
フォリ助(外車持ち)、センパイ(小ママ)、
Tさん(病弱)、Tちゃん(働く女)、
ますだ氏(まーす)、トモヨちゃん(女スパイ)、
そして私(歌謡)。あ、じゅんいち(無神経)もいたね☆
今年の初参加は、アッちゃん(悩める女)、
ボンちゃん(恋する女)、アンドーくん(若人)。
総勢17名の大所帯。

出発ギリギリまでアイコニックを入れるかどうか悩んで
駆け込みシーズイン(結局アイコは落選)。
今年はトモヨちゃんと供にユーちゃんの車。
さて、出発☆
さてさて、CDかけても…いいですか?…
やべ…見るからにオシャレ偏差値の高いお二人に
「2010年J-POP」で固めたCDは大丈夫だろうか…
AAAから少女時代まで…って幅がないな。
森進一からフレンチキッスまで押さえた幅広いラインナップ。

三原順子先生は今年って枠でいいよね?ね!?
一曲だけ我慢できずにオールディーズとして
阿久悠先生のセクシャルな詩がイカす
「ノアノア気分」を収録。夏物の定番だよね?
毎年、思い入れだけタップリのCDを作っては
不評、というかガン流しされていたのに、
二人は曲が変わる度に「これは何ですか?」と訊いてくれる。
感涙を流しながら駄WIKIを語らせていただきました。

関越に乗り込んだので三芳SAへ。
SA大好きっ子の私はひとり別行動。
「下りSA限定!」と書かれたカリントウを発見。
みんなに自慢しようと思ってみたら…
wkari.jpg
トモヨちゃんも同じのを買っていた。
意外と私たち似てるのかもね☆どーん!!←天誅
しかし、このカリントウ美味いよ!
すんごい香ばしいの☆ 三芳SAはコレだ!

いっつもキャンプ場に着くまでの描写が長いんだよね…
思い入れありすぎなCDの描写がいけないんだよね…
買い物とかしたりしてキャンプ場へ。
cotage73.jpg cotage4.jpg
今年のコテージは豪華だな!?
これって1人1万で大丈夫なの?
荷物も下しきらないうちに、キッチンに提灯がぶらさがる。
akko2.jpg
「居酒屋あっこ」!!!
さすが盛り上げるなー!
kawara7.jpg
そして川へ。広くてなだらか。
まあ、去年の500メートルくらい上流なだけですが。
arico6.jpg
アリが河原にテントを張ったので、コーヒーをいただく。
カップはユーちゃんからの誕生日プレゼント☆
今年もアリはギター&歌本を持参。
アンドーくんが来たので「歌ってよ」とリクエストしたら
本当に浪漫飛行を歌ってくれた。なんていいヤツ☆
アンドーくんの美声を河原に響かせていたら
突然空から何かが降ってきた。
拾ってみると5円玉やら10円玉。金が取れたね☆
どうやら橋の上から投げられたらしい。
直撃したらどうなっていたのかちら…

早々とディナータイム。
パエリアにタンドリーチキンにカレーに牛スジand MORE☆
今年の料理も豪華だなや〜。
面白かったので、イハラちんのブログより勝手に写真を拝借。
machigaia.jpg machigaib.jpg
この2枚の写真、背景からも時間の違う写真だとわかるのですが、
変わらない点がひとつだけ…左に映っている脚。
イエス、マッシュのデニムを穿いた私の脚。
一歩も動かずにひたすら呑み&喰い続けた証拠写真…
いやはや、ごちそう様でした☆

コテージに戻って酒宴。
居酒屋あっこからどんどん素敵料理が届く。極楽☆
ますだ氏が酒のツマミ用にと卒業アルバムを持ってきてくれた。大好物☆
「この子は化ける顔だね〜☆」とか
「この子は中学が人生のピークっぽいよね☆」とか
勝手に言いまくる。楽しい…すごく楽しい!!
卒業文集もすごく面白い☆
一億総ブロガーのように謳われている現代だが、
結局、読める文章は「書きたがり屋」の文章しかない。
「書かされた文章」には、そこにしか宿らないグルーヴがある。
恥ずかしがりやさんのカラオケが大好物な私にとって
卒業文集は垂涎ものの宝物だと判明いたしました。

それにしても今年の酒宴の話題はリスキーなのが多かった。
つまりは「この愛どーよ!?」って話題。
色々な箇所で意外な組み合わせが誕生していたが、
どこもだいたいこの話題だったらしい。
コテージで呑んでいると、スパイのように
「あそこのテーブル、こんな話題ですぜ」とタレ込み情報が入ってくる。
恋バナ鵜飼として、至福の一時でありました。
年末あたりに「で、あの愛どーなったのよ?サミット」を開催したいね☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。