2008年04月02日

心配なんかは私に似合わない

ヒロキとスカイプでパリパリ会議。
「何でも質問してください☆」と頼もしいヒロキ。
「行きたい場所とかリクエストはありますか?」と聞かれたが
まだまだ仕事が全然終わらなくて
何のチェックもしていない私は、思わず
「別に…」とエリカティークな返答をしてしまい
ヒロキのテンションを下げてしまった…猛省!!!!
いやでもね、本当に別にどこだっていいんだよ。
ヒロキがいればね☆
と持ち上げてみても、ヒロキは白けていた。
早く仕事を終わらせなくちゃ!!

終わらせようと思っても、終わらないのが仕事。
終わらないどころか、始まりのとっかかりすら
見つからないのがネーム地獄。
うんうん唸りまくっていたら、おたかから電話。
思わずもつ焼き屋へ誘い出す。
jantsuku13.JPG
ジャーンボつくね☆
仕事のグチを中心に呑んでいたら
両者共に酒が回る。
♪しんぱーいーしたあってー、はじまらない☆
両者共にやたらと歌を歌っていたら
「作詞家クイズ」をおたかが出してきた。
「渚のハイカラ人魚は?」「康珍化!」
「伊っ代っはまだは?」「湯川れい子!!」
「だっれっかっ、ロマンティック」「隆詩に決まってんじゃん☆」
世界一得意げな顔をしていたと思います。
飛翔させてくれてありがとう、おたか☆

「じゃあ…夏のお嬢さんは?」「それは……あれ…」
そこからずっと脳の中は「夏の…お嬢さん…夏の…」でした。
生き字引への道はまだまだ遠い…
ちなみに正解は「笠間ジュン」でした。精進!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

超正統派

なんとか一段落…と思っていたところへ、おたか電話。
あんた、本当にタイミングがいいね☆
いつだって呑みの誘いは嬉しいけどね☆☆☆
シーズ待ち合わせにして、シーズの扉を開けると…
わっ、後姿だけでもイケメン…イケIMOとわかる男子が
カウンターに座っていた。
もしかして…あなたは…伝説の殿方「麻婆小僧」では!?

ニューペディア:「麻婆小僧」とは?
シーズの客。たかさん時代から麻婆豆腐を必ず注文する男子。
シーズには早めの時間に来るため、ニューは2年ほど姿を見ていない。
「麻婆小僧を見た人には幸せが訪れる」
という伝説はまったくないが
「麻婆小僧を見たニューはとても幸せ☆」になれる
超ド級のいい味男児。
趣味:競馬(千恵子さん情報)
職業:警備員(たかさんの勝手な推測)

ドキドキしながら席に着いてみたが
その殿方はブリカマを食べていた。
あれ、麻婆小僧じゃない?誰?と思っていたら
麻婆豆腐も頼んでいた。やっぱり麻婆小僧だ☆
何か話しかけようかな…と震える胸を押さえていたら
おたか登場。怒濤の報告会がはじまってしまった。
結局、麻婆小僧とは一言も話せませんでした…
おたか…本当にタイミングが悪いよ!
今度、彼と会った時は、おたかにアシストをお願いする。

で、私達も後追いブリカマ。
そして豚明太のご飯セット☆
千恵子さんからパリのオススメを聞き、
なつにも電話をしていろいろ聞く。
「血が混じったソーセージを食べるべき!」だそうな。
suiori6.JPG
おたかが例のごとく、フランス旅行のしおりを作ってくれた。
しおりによると先輩は「パリの恋人達のいちゃつきドキュメント」を
撮影しなくてはいけないらしい。サブタイトルは
「ここまでいちゃついていたとは!」。
千恵子さんからトランクを貸していただき
いよいよ旅気分が高まってきた。が、仕事ー…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

ジン前寺セバ子

おいら…頑張ったよ…
ようやくパリ前に終えるべき〆切をクリアした。
御褒美シーズ&先輩と打ち合わせ。
kanpai20.JPG
小鉢だよ☆打ち豆だよ☆
そして先輩のみやげ酒「乾杯」だよ☆
youngco6.JPG
そしてイエローカレー☆
ヤーングコーン☆は何と生だって。
初めて食べたけど、ちゃんとコーンの味がする☆
元々大好きだったけど、更に大好きな味☆
野菜も男子もやっぱ生重視!

パリパリ会議。
先輩はヒロキに「フランスで髪を切りたい」と
リクエストしたそうだ。かっこいー☆
「リセっぽい髪型って何だろうねー?」と話すと
どうしても「アメリ」か「セシル」しか浮かばない。
セシルは日本だと「チータ」になるからキケンだね☆
そして「600こちらラブ情報部」。
穫れたてもぎたての果汁したたるラブ話を拝聴していると
久々のまーちゃん&いつものおたかも合流。
おや、今夜は祭りだね☆

おたか発案の愛の言葉「あ・い・し・て・るいっ☆」やら
ヒロキのポエム「歪んだメロディー」やら
最近生まれた素敵な言葉たちについてやんやと語る。
今年のシーズ流行語大賞も激戦の予感。
先輩の「もっとシテ島」ってのもあったな。
「MAMCO」ってのも有力候補。
男子は繊細、女子はゴン太って近年の傾向ですな。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

花は花

パリに向けて準備をしなくてはいけないのだが、実家へ…
というのもママンにバッグを作ってもらったのだ。
ワニの型押し☆
型紙はマッシュのボストンと同じので作ってもらったの☆
これを下げてパリへ行こうという算段です。
ありがとう、ママン☆
kurohune39.JPG
お礼は黒船の詰め合わせ。
カステラのラスクが熊ビミいのよ☆

世間は桜ばかりが注目されているけれど
我が家のシンボル、ミツバツツジも咲き誇っている。
mituba4.JPG
ユキヤナギとのコンボが昔から好きだった。
kaido9.JPG
そして建て替えの時に勝手に公園へ植え変えた
カイドウも立派に咲いている。違法行為きゃもだけど☆
主流にばかりに目をやらない運動。
花だって、ゲームだって、マンガだって!
桜もすんばらしい所がたくさんあるのだが
写メってなんかやるもんか。

夜は魅惑の天ぷら祭り。
ミツバのかきあげ、たらの芽、オーイェー☆
上善をグビグビ呑みながら近況報告。
ママンと人間の業について話し合いました。
私は死んだ時に、訃報を聞いた人から
「さみしいなあ」と思われる人になりたいです。
とかいうような内容のお話でした。
つまりは「あいつ、ろくな死に方しねーよな!」って
話で盛り上がったからなんですけど☆

magare3.JPG
人間の業とは関係なく、美しいマーガレット。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

TはTOKUのT

実家を朝出てから、池袋でショッピン。
今日は3月生まれの誕生会&お花見。
数年ぶりに中央公園で決行されることとなりました。
tocho1.JPG
トーチョー☆
hanami1.JPG
割と桜から遠い位置にて、お花見開始☆
なぜか座のおつまみはワイン&チーズが主流でした。
Tさん&TちゃんがWでお誕生日だったのでお祝い。
cake1.JPG
可愛い可愛いTちゃんは何でも似合うので
プレゼントを買うのがとっても楽しかった&楽だった。
プレゼントセンスがない私にはとてもありがたい存在だ。
可愛いってトク。お得だし徳が高いのだ。

この日はアシコウ君がシーズ組に初参加だったのだが
とてもスムーズに歓迎されていた。
眉が薄いアシコウ君に、みんなで眉を描いて遊ぶ。歓迎?
シーズを休みにして参加した千恵子さんも
アシコウ君をとても気に入ったようだ。安泰だね☆

夕方まで開放感に酔いしれながら呑みまくり、居酒屋へ移動。
夜から参加組も続々と集合となる。
もう一人のお誕生日主、タカポンのケーキも登場。
タカポンにはTさんとおそろいのパンツをあげた。
おそらくホモしか穿かないであろうTOOTの花柄パンツ。
ノンケ男子が穿いてるなんてステキじゃない?

先輩が初めて「つれあい」を連れてきた!ぎゃー!!
叫ぶ必要は全くないのだけど、ぎゃー!!!
なぜかすごく緊張しました。
「センパイの周りはこんなに楽しいんですよ☆☆」と
アピらなければいけない使命感に襲われたもので。
3次会へ移動する時におたか登場。
すべての進行をおたかにまかせて、
私はテーブルの片隅で意識を失っていました…
シーズ周りを気に入ってくれるとよいなあ…ZZZZ…t
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

私はCOCOよ

パリ出発前の最後の仕事は打ち合わせ。
一度だけ会ったことはあるけれど、
サシで会うのは初めての編集さん。
なんとなく怖いイメージがあったため
早めに指定された喫茶店へ入る。

が…、いくら待っても来ない。
なんとか連絡先を聞き出して電話をしてみると
打ち合わせの日程を覚え間違っていたらしい。
大変丁重に謝られ、1時間後に仕切り直す。
そして始まった打ち合わせでは
とても気持ちよく私を持ち上げてくれた。
「大久保さん、今、注目されてますよ☆」本気にするよ?
おかげで私も萎縮せず伸び伸びと
「〆切に追われないと仕事はできません」とか
言えたので結果オーライでした☆

打ち合わせを忘れられない存在感が欲しいです。

いよいよ日本最後の日。
ユーロに両替したり(ユーロたっけー!)、
ヒロキへのおみやげを買ったりする。
ヒロキからのリクエスト「サランラップ」と
日本らしいお菓子を大量に。
dansei4.JPG
パリで読む一冊は池松江美様の「男性不信」☆
これ以上、パリにふさわしい本はないかと。
最後の晩餐は、すた丼の炒飯でした。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

火縄くすぶるパリ旅行記 Part 1

1789年、フランス革命。

ウグイスが泣いたのが平安京か平城京かも知らない私が
唯一覚えている年号です。
覚え方は「火縄くすぶるフランス革命」でした。
一応、世界史選択だったのになあ…

火縄はさておき、いよいよパリ旅行の始まりだ☆
なんとか6時に起きてカーテンを開けると
まるで旅行を祝福するかのような…どしゃ降りやんけ!!
100円の折り畳み傘が風で壊れたよ…
ヨレヨレの状態で先輩と合流して空港へ。
karaage22.JPG
日本での最後のお食事は…唐揚げ&ビール☆
飛行機が落ちたって後悔しないゴールデンメニュー。
日々是最後の飯。武士道ティーク☆

喫煙所にて日本で最後の一服をたしなんでから
搭乗ゲートに着くと、先輩が
「喫煙所に傘を忘れました…」はらら。
ま、ま、ま、パリで傘は必要ないってことじゃない?
さて、いよいよ飛行機だよ☆
映画は何を見ようかなー?と番組表を見ていたら
「喫煙所に上着も忘れたみたいです…」と先輩。
パッ、パリでは上着なんて…必要ない…
と言いたいところだが、前日のヒロキ情報によると
パリでは雪が降ったらしい…
「2度あることは3度あるにならなければいいけど…」と
心の中で心配する私は、3度目が自分の番だということを
この時点では知ることもなかった…

で、機内。機内食がツボを心得ていた。
ハンバーグにハムにピクルスにチーズにパン。
ワインにとっても合うメニュー。赤ワインをガブ飲み☆
さすがだね、ANA!
どうでもいい話だが、センパイと「ANA」は何の略か?を考えた。
私の考え「あたし…なんだか…熱い!」
先輩の考え「アイツなんて…愛してる!!」いい勝負だね☆
本当にどうでもいいけど、大事な会話 FOR ME & 先輩。

映画は「愛amレジェンド」を観ました。
ウィルのことはフレッシュプリンスの頃から好きだったのに
彼の出演する映画を観るのは初めてだった。
ウィル以外ほとんど人間が出てこないこの映画は
長い長いウィルのイメージビデオのようで、じんわり堪能できました。
まるでビジュアルクイーンオブザイヤー。TOO SEXY☆
出てくる女優もウィルファンが安心できるお顔だったし。
首を絞めるシーンでのウィルのイキ顔につられてアクメりました。
お話はというと「地球にはアメリカしかないんだYO☆」という
アメリカらしいお話でした。疎外感。
全然パリと関係ないじゃん。ワープ。

わあ、ここがシャルルドゴール空港なのね☆
sharuru3.JPG
赤いドットのパイプに包まれたエスカレーター。
雑貨少女心をくすぐられちゃう! さすがフランス☆
無事にトランクと巡り会い、ロビーへ出ると…

ヒロキだ☆ きゃー!ジャケット着てるよ☆

シャルルでジャケヒロキ with 満面の笑み。
これだけで旅費の価値はあったね☆
もうこっからは全てがオマケみたいなもんだ。

ヒロキの後を着いて電車に乗り、
駅でパリヴィジットという電車&バスのフリーパスを購入する。
それにしてもフランスのオシャレ度というか
絵になる度の高さったら何なのだろうか。
電車(トリコロールだよ☆)も、
駅(ベンチが駅ごとに違ってるの☆)も、
車窓から見える景色(まるで書き割りみたい☆)も
何もかもがオッシャレ過ぎ。
カメラ少女が旅行したらファインダーを覗きっぱ必至だね。
タイルの1つ1つまでもがステキなもんで、
「いちいち感動なんかしてたら身がもたねーよ!!」と
逆ギレしたくなるほどの小粋地獄。
というワケで風景写真は撮りませんでした。あしからず。

メトロを乗り継いでホテルへ到着。
kyriad5.jpg
颯爽と道案内をしてくれるヒロキはカッコよかったけれど
ホテルのフロントマンとフランス語でやりとりをする様は
ウィルなんて霞むくらいに熊カッコいい!!!!
パリーとヒロキのカッコ良さにクラクラしながら部屋に入ると…
bed9.JPG
まあ、部屋は普通だね☆
これくらいでちょうどいいよ。部屋では普通に休みたいし。
sakura8.JPG
でも、窓からは八重桜が見える☆
格安ツアーのホテルとしたら文句なしの環境でした。

フランスはサマータイム。陽が落ちるのがとても遅い。
さーて、どっかに出かけよう!
っつーか、ヒロキの家に連れてって☆
ということで、またもメトロを乗り継ぎ、ヒロキの住む16区へ。
ぎゃひー!!!パリ過ぎー!!!
東京で言うなら田園調布と言われる16区は
成城どころの騒ぎじゃないほどイカしていた。
ヒロキの部屋は素敵なアパルトメントの屋根裏部屋。
つまりは最上階。すんげーキレイな眺め☆
おいおいおいおい、あまりにオシャレ過ぎじゃないの?
でも、部屋の真ん中にある板の寄せ集めは何?
「テーブル代わりにしていたカラーボックスが壊れたんです…」と
恥ずかしげなヒロキ。
日本男児感にマジ濡れしました。

サランラップ等の日本みやげを渡し、
ヒロキルームでくつろいでから、パリ初のお食事。
ヒロキおすすめのピザ屋さんへ。
写メり忘れて…って昂奮の連続で
撮ってる余裕なんてありませんでした。すいません。
注文が入ってから生地から作るピザは
すごくボリューミー&ビミかった☆
積もる話がありすぎて困っちゃう状態だったけれど
夜も更けてしまったのでホテルへ戻る。
ヒロキはわざわざホテルまで送ってくれた。紳士!!

何もかもが想像以上の素晴らしさで
大満足だったのだけれど…でーでん…
ただ1つだけ困ったことが…でーでんでーでん…
朝からどうもお腹の調子がおかしいのだ。
メトロに乗ったあたりからトイレに行きまクリスティ。
でも大丈夫。海外だろうと国内だろうと
私は旅には正露丸を必ず持ち歩く人なの☆
しかし、寝る前に正露丸を飲もうと思ったら…
ない!ないよ!!!
トランクの中を全てぶちまけてみたが正露丸がない!!
先輩が安らかな眠りについている横で
一人お腹をさすりながら脂汗…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

火縄くすぶるパリ旅行記 Part 2

初めてのパリの朝。パリの街にボンジュール☆
さて、朝ご飯は何かな?
温かいクロワッサンにカフェオレ☆
ジャムもチーズも美味しいなあ☆
バイキングだしムシャ食いしよっと☆
え?お腹?
ふふふふ☆絶賛腹下し中だぉ…

ヒロキに薬を買ってきてほしいとお願いしてみたら
まさに念願の正露丸を持ってホテルへ来てくれた。
ああ、後光が射して見えるよ!
とりあえず飲んでしまえば単純な私、
プラシーボ効果MAXで気分が軽くなる。
さて、パリのどこへマーキングしに行くー?

とりあえずメトロ。フランス語知らずの我々から見たら
ものすごく頼もしいヒロキだが
思うようにいかないこともあるらしく
メトロのホームで「ああっ、言葉にできない!」と
頭を掻きむしっていた。
そんな悩まないで!と励ます場面だったが、思わず
♪ら〜ら〜ら〜 と歌ったら
3人揃って♪らら〜ら〜言葉〜にーできな〜いー
と大合唱。超強烈なマーキングができて
ニュー的満足度MAXでした☆

nikka3.JPG
そして丸しぇ、ノーン!、マルシェ☆
林檎を丸齧るセンパイは
まるで少年窃盗団のリーダーみたいで可愛いね☆
マルシェでお惣菜を買い、
スーパーでワインとチーズを買い込んでセーヌ川へ。
zardy4.jpg
見て!このZARDYなショット☆ Don't you see♪
絵葉書のような町並みを意味もなく振り向きながら歩きました。
この日、何度「パリ…私の街…」と呟いたことか!
efferubow3.JPG
ヒロキの頭の上に見えるのがエッフェル塔。
まるでエッフェル坊やだね☆
senuwine9.JPG
というワケでセーヌに乾杯☆ ギャーオ☆
chees8.JPG
チーズもあるでよ☆
pedhig5.JPG
お惣菜はやはり異国味。どちらもビミい!
手前のお惣菜を「ペディグリー」と命名。
ちょっとちょっと、カッコつけすぎでないの、おニューさん?
でも、素敵ランチをいただきつつも話題は恋バナ。
思いっきり江古田グルーヴ!
先輩の恋バナ5セット目を拝聴したのはセーヌ川沿いでした☆
風がビュンビュン吹いていたけど、負けないよ☆

そして念願の町中カフェ。
しつこいほどに薬師丸ひろ子の
「私の町は今、朝」を歌い続ける私。
♪お〜茶ーでーもー飲ーみーまーしょー
 き〜っとーだーいーじょーおーぶー☆
パリを制した気分をカフェオレと共に熊マンキツ!
すっかりパリ人気取りだったけれど
オーダーは全部ヒロキまかせだぉ☆

そして初バス。デッドスペースがたくさんあるバス。
バスの窓から凱旋門やらオペラ座を見る。
世界中からわんさと集まった観光客集団を
生温い微笑みを浮かべながら見つめてみる。
「私の町は気に入った?」
エセパリ星人、オペラ地区で降車。
bukof3.JPG
きゃー、ブッコフ☆
江古田店の10倍は充実してました。
日本食スーパーを眺めたりした後、
ヒロキのエシャンジュのお相手、マリリーズさんと御対面☆
(ちなみに「エシャンジュ」とは
お互いの言語を教え合うシステムなのだとか。
シックスナイン語学学校みたいな感じ?)
初めてちゃんと向き合うフランス人、
しかも熊かわいいお嬢さん!
エセパリ星人の我々も仮面が剥がれて緊張する。
しかし、ヒロキはマリー嬢に「生きた日本語のテキスト」として
先輩のブログを使用していたらしく、
ヒロキから先輩を紹介されたマリー嬢が美しい日本語で
「アナタが淫夢さんですか?」と尋ねてきた。
「淫夢」という言葉が海を越えた感動よ!

中華料理屋へ移動して会食。
マリー嬢の日本語がカンペキだったので
何の苦もなくお話しすることができた。
いや、苦もなくどころか、小回り効きまくりの痛快な会話☆
なんせ出てきた話題は「豊洲」に「AneCan」に「高校教師」だもの。
桑田圭祐が好きというマリー嬢に
「サザンが好きなの?」と聞くと
「『月』が好きです☆」とのご返答。渋い!
思わずみんなで♪ほれて〜いま〜した〜と大合唱。
♪ああ〜ああ〜ああ〜って、ここはパリなの?

せっかくフランスの娘さんと話せる機会なので
「どうしてパリの女性は黒い服ばかりなの?」とか
「パリ娘が思う『いい女』の条件って何?」とか
「つらい恋ってしたことある?」とか
ガーリーな、またの名を江古田ティークな質問をしてみた。
ちゃんと答えてくれるマリー嬢は本当に素敵な娘さんだ。
ああ、なんでマリー嬢と写真を撮らなかったのだろう…

マリー嬢とお別れをして、我々はモンマルトルへ移動。
ムーランルージュ前のカフェにてワインを飲んでみたり。
ああ…モンマルトル…憧れのモンマルトル…
エイスワンダーだよ! モンマルトルの森だよ!
http://www.youtube.com/watch?v=FN3eEzLSlKY
思いっきり繁華街だけど、I'm not scared☆
ヒロキから今後のプランを聞いてみたり。
すごく素敵な話だった。You'd go anywhere☆

ホテルへ戻るとバスタオルがなかった。
何かの戒めだろうか?
フロント対応係(勝手に任命)のセンパイに
バスタオルを持ってくるよう電話をしてもらうが
待っている間に両者爆睡。事切れ寝。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

火縄くすぶるパリ旅行記 Part 3

ボンジュール!私の街☆
今朝の朝食も昨日と変わらず。
日本の旅館って努力家だったんだね☆

今日はヒロキさんに予定があり、
ヒロキさんのお友達、石飛さんにパリ案内を
していただくことになったのです。
イタレリン・ツクセリーヌ。心よりメルシー☆
ホテルより丸しぇを通って運河へ。
絵葉書のような運河沿いを歩きながら
江古田に住んでいたという石飛さんと江古田話。
これぞ最高の贅沢というものです。

メトロに乗り継いで、パリのフリーペーパー
「ボンズール」の編集部へオジャマ。
bonz7.JPG
石飛さんは「レ・ロマネスク」というデュオで音楽活動をなさっていて、
写真は扉に貼られていたライブのポスター。
そして何故か郷ひろみのカレンダー。

石飛さんの超上級なパリガイドを拝聴しつつ移動。
バスに乗ってまたもセーヌへ。私の河☆
火縄くすぶるフランス革命時のままという
古い石畳の上を歩き煙草。これは勝ち行為じゃない?
先輩の「シテ島の先端でお昼が食べたい」という願いを
叶えてもらうべく。
石釜焼きのサンドウィッチを買い、
isiyaki8.JPG
オシャレライフの証、シードルを買い込んで
sitesite3.JPG
ラーンチ☆
ライスプディングもあるでよー。
春の陽が射すシテ島にて、シードル&シガレッチョ…
悪いが勝ったな…何に勝ったかは知らないが、勝ったぉ☆
パリマンキツ度MAXな一時でした。

しかしだ、女の欲望はザル。
中野のパックマン娘、センパイからの次のオーダーは
「フランスで髪を切りたいの☆」
その願いを叶えるべく、心理カウンセラーの酒井さんと合流。
biyoin2.JPG
酒井さんのナビゲートで素敵美容院へ。
オーガニック系の店構えは雑貨少女失禁必至☆
センパイが髪を切ってもらっている間、
石飛さんと酒井さんがカフェでお話をするというので
私もCHAKKARI混ぜていただく。
さすが世界に飛び出せる人たちの会話は違う。
あらゆる国の地名が飛び交っていて
それが本人達と繋がっていてビックリした。

髪を切った先輩がカフェに登場。
わお☆可愛いね!
まるで、綾波れい子だよ!
そこから酒井さんに案内していただく。
またもZARDYな気分で街を闊歩していたら
なんとなくカマガマしい内装の店が目立つ。
何かと思ったらゲイタウンだったらしい。
ホモって同じオーラを放ってるね。
パリらしさはここでは感じられませんでした。
パリらしくカフェりたいとお願いして、
酒井さんに連れて行ってもらったカフェは…
yumecafe4.JPG
ぎゃー、私の中の少女漫画心が100%満たされる乙女カフェ!!
まるで貴族の邸宅のようなカフェ☆
オーガニック系のメニューにも乙女心が疼く!
キュウリのケーキをオーダー(素朴な甘さでビミい)☆
夢のような空間で、関西の話をしたり。なぜ?
ヒロキも合流してからパリ大移動。
かなり長い距離を歩いたけれど、通りごとに
街の空気がガラリと変わるので面白かった。
シャレた空間だけじゃなく、生活感溢れる地区も楽しかった。
盗品市場で殴り合うオッサン達も
絵本のような建物が並ぶ背景で見ると微笑ましい。
殴りかかる方も、殴られてる方も納得のいく面構えだった。
違いは違いとして面白く、同じ部分が見えればそれまた楽しい。
これぞ、旅!

夜、ヒロキのフランス語の家庭教師、ナナコ先生と
彼氏さんとその兄弟と合流してフレンチ料理☆
まったくメニューが読めないので酒井さんにおまかせ☆
前菜の豆スープ、メインのステーキwithプラムソース、
デザートの林檎のコンポート、どれも熊ビミでございました☆
ボンズールの編集チームも続々と合流して大所帯。
たった半年でこれだけの人たちと交流をしたんだなあ…
つくづくヒロキを熊リスペ☆

パリは室内は全面禁煙なので、呑む時に煙草が吸えないのが
唯一の難点だったのですが、
このレストラン、ノーン☆、リストランテは
オープンスペースがビニールで覆われていて
そこは喫煙可だったので心置きなく話せました。
気功に詳しい酒井さんとオーラの話をしたり
カオリさんという女子に吉原炎上の素晴らしさを説いたり…
どうしていつも通りの話になってしまうのだろう…
でも私、リストランテで「幸せ者はここには用はないんだよ!」って
叫べて、心の底からサティスファクションいたしました!

ところでこのパリ旅行、センパイと一緒ということで
「毎日、夜明けまで話しまくるんだろうなあ…」と予想していたのに
センパイは日没とともにエネルギーが切れ、
夜はいつも眠そうだった。日没は9時近かったけど。
センパイに「太陽電子」「ソラ子」というあだ名がつく。
この日も私がシャワーから出ると事切れ寝していた。
そして私のお腹の調子は、相変わらず水っ腹だったが
正露丸のおかげでなんとか大丈夫な状態。
しかし、どうしてもオナラができなくて、ガスっ腹になっていた。
臨月のように腹が張っている。苦しいよ…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

火縄くすぶるパリ旅行記 Part 4

クロワッサンにも何となく飽きたな…
とか呟くのはワガママパリ女っぽくないかちら?
私は毎日クロワッサンだって全然いいよ☆
しかし、しょっぱい物が食べたいな…
ジャムはいいからサラダが喰いたい…

ヒロキと連絡取り合い、この日は私からのリクエスト場所
エロティックミュージアム前で待ち合わせ☆
もう、メトロだって余裕で乗れちゃう☆
今日は晴れ☆朝陽を浴びてヒロキ登場☆
輝いてるね☆…と言いたいところだが表情が曇っている。
どうしたの?と尋ねると、私が昨日言った失言に
傷ついてしまったそうだ。ヌオーン!!!!
エロミュを前にして緊急会議。
私なんかが言ったことなんて気にしなくていいのに!
でも…私って影響力が強いからね☆どーん!!←天誅
優しいヒロキは気を持ち直してくれた。メルシー!!!

で、エロティックミュージアム。
その名の通り、エログッズ博物館。
古今東西の民芸品を眺めていると
どこの国だろうと、どの時代だろうと、
身体もイトナミもたいして変わりないんだなー☆と
微笑ましい気分になる。
しかし、しかしだ。
特別展示されていた「日本の現代エロアート」の
コーナーを観て心底げんなりしてしまった。
なんで緊縛や切り刻み系ばっかなの?
ちょうど飛行機の中で読んだブブカに載っていた
残酷拷問映画のクライマックスを観てしまい
思いっきり気分が萎えてしまった。
「やるのはいいけど、やられるのは勘弁☆」って
愛から一番遠い島の住人がする行為だよ…
いや、愛が万人にとって必要な物でないのは知ってますが…
こーゆーのはこーゆーの専門のとこでやってよー!
ヒロキも先輩もげんなりしていたのが
せめてもの救いでした。

気分一新、っつーか、エロミュを出てしまえば
一瞬で切り替えられてしまうような物だったが、
お次はヒロキのリクエスト、サクレクール寺院へ。
モンマルトルの丘の上に建つ寺院は素敵だけれど…
teiou1.JPG
それ以上に私達を引率するヒロキの後ろ姿の逞しさがステキ☆
ちなみにヒロキが肩から下げているのは三脚。
素敵な記念写真を撮っていただきました☆
パリの街が一望できる階段の最上段で休憩。
空は青空。ああ、これぞ私の街☆
エビアンを飲んだら「エビあん子」という人格が誕生。
そう、私は「パリのエビちゃん」☆
肝心の寺院の中もとても素敵でした。
歴史的建造物を味わう回路が欠如した私でも
「すげー!」と野郎乙女のように感動したですよ。

ところでこの寺院、階段のふもとで
行きも帰りも屈強な黒人男子に強引に腕をつかまれました。
「パリ男児もエビちゃんの魅力にイチコロみたいね☆」
とか思っていたら、どうやら押し売りさん達のようで
私の腕に強引にミサンガを巻き付けようとしていたようです。
「エビちゃんは俺のもんだ!」と
ヒロキが男らしく追い払ってくれました。メルシー&ジュテーム☆
それにしても神様の足下で押し売りとはたいしたタマだこと。
merigo4.JPG
ふもとには何故かメリーゴーランドがあった。
雅にお手振りをして楽しむセンパイ。

アンダルシアに憧れて、モンマルトルを後にして、
メトロに乗り継ぎ運河沿いの素敵なキャフェでランチ。
ここでマダムかわかみ、Oui、かわかみじゅんこさんと待ち合わせなの☆
オープンスペースで待っていると、こちらに手を振る女性が近づいて来る。
え、かわかみさん? すっかりパリのマダムやんけ!
ひっさしぶりー☆と手を振って感動の再会!と思ったら
我々の3メートル手前で、近所の知り合いに会ったらしく
立ち話を始めるじゅんこ…おあずけ状態の私…
思いっきりパリライフを見せつけられました☆
junko7.JPG
かわかみさんと会った記念の一品。
パリパリ伝説にも登場したアニマル風船☆
じゅんこと直接話すのは何年ぶりだろうか…
あの頃、まさか次に合う場所がパリになろうとは予想もしなかった。
コーマンタレブー?元気だったー?
オシャレカフェだというのを忘れてキャイキャイ騒ぐ。
なんでこんな場所で「ハットリくんの忍法漢字速覚え」について
話したりしているのだろうか…最高に楽しかったけどね☆
やはり全身黒でキメていたじゅんこに
「何でみんな黒ばっか着てんの?」を聞いてみたり
「何でフランスの黒人はみんなキレイなの?」とか
「何でフランスギャルは話し方が威圧的なの?」と質問する。
マリー嬢とはまた違った回答で面白かったです。

じゅんこに付き合ってもらってスーパーへ移動。
おみやげはスーパーで全部揃えることに決めていたので。
パッケージを見ても、全く何の缶詰だかわからないので
逐一じゅんこに解説をお願いする。
ヒロキからの質問も何でも答えられるじゅんこを見て
「パリで生活してんだなー」としみじみ思いました。
カゴいっぱいに買い込んで無事におみやげゲット。
そしてじゅんことお別れの時間。
マジッコメルシー☆ すごく嬉し&楽しかったよー☆
最後に「パリパリ伝説」に登場させてくれるよう懇願する。
素敵な再会を最後に濁してみたり。でもお願い☆

omiya1.JPG
あまりにお土産の量が多かったので、一旦ホテルへ戻る。
昼間は晴れていたのに、急に雨が降り出したりの曇り空。
パリ…私のSugar Town。
翳りゆく部屋で話していたら、パリの夜も今日が最後だと気づき
3人とも何だか悲しい気分に包まれる…
考えてみれば、日本でもこの3人だけでつるむことってなかったのに
すごく楽しかったなあ…それももう終わるんだな…
いかんいかんいかん!気を取り直してディナーへ繰り出す。

ヒロキの空手仲間と会おうというプランもあったが
もっとヒロキとガッツリ話したい!ということで中華料理屋へ。
バイキングの店だったのでガッツリ皿に盛る。
私…パリでワインよりも青島ビールの方が飲んでるきゃも…
旅の想い出を語るも、どことなくしんみり感。
センパイはやはり太陽電池が切れかけていた…ソラ子!最後なんだよ!?
たんまり食べて店を出る。これで最後の夜も終わりか…
と思っていたら、ヒロキの提案で私の河ことセーヌ川沿いを
歩いて帰ることになった。

夜の景色はこれまた美しい。
歩いていると先輩も復活し、くだらない話がヒートアップ!
ちょっとでも歌のフレーズが出たら、みんなで即合唱☆
絵葉書のような夜景を舞台にZARDの歌等を歌いまくる。
ヒロキが歌った「星屑のステージ」で腹をかかえて笑う。
無意味に走ってみたり、転んでみたり。
その度に笑い転げてみたり。青春だ☆
思えばヒロキと行ったニューカレドニアの最後の夜も
こんな空気だったきゃもしれない。
終わらないといいのにな…と思えたら、その旅は大成功。
しみじみと楽しさを噛み締めながらホテルへ戻り
またも事切れ寝。グオー。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。