2007年11月01日

パンHIGH

11月。アキ深し。
モニターの見すぎでまたも吐き気が…
アナログな作業(仕事じゃないヤツね☆)がしたくなり
このところ、パン作りが復活いたしました。
ああ、正しい物が身体に入る快感よ☆

で、ディップだ。
今のところ、私の中で殿堂入りしたディップは
「アボカド&マヨネーズ&ナンプラー」
ナンプラーを入れると何故かチーズ感がするの☆
「レバーペースト&マヨネーズ&パクチー」
私、最後の晩餐はこれでいいよ☆
これに紅茶というのが、もう最強に優雅なパンタイム。
しかし、いつの日にか来るきゃもしれない
「パンパーティ」のために、もう一品開発したいのだ。
二つともマヨネーズだし、何か趣の違う…
できれば和風なディップがいい…

和子さんからいただいたウニの缶詰でも美味しいかったが
遠慮なくモリモリっと盛れるディップがいいなあ。
カサを増やすとなると、どうしてもマヨネーズに走ってしまう自分…
何か…何か…
ここしばらく頭の中は「これはパンに合うだろうか?」しか
考えていなかったのだが、ようやく回答案を見つけられそうだ。
それは「納豆&豆腐」ディップ☆
卵豆腐でもなかなかおいしい。
ただし、見た目にGERO感がしなくもないので
オクラとかワケギとかの緑を入れるといいようです。
まだまだ摸索中だが、突き詰めてみたい所存です。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

ワルい会話、だいすき☆

早朝に脱稿して事切れる。
起きると夜。
さて…次の仕事…の前にシーズかな。
先輩、一緒に呑んでくれないかな…と思ったら
先輩からお誘いのメールが入っていた。以心伝心☆

シーズ。豚キムチのご飯セットをオーダー☆
したのだが…出てきたのは明太子炒め。
「私=明太子炒め」のイメージができていたらしい。可☆
先輩とキャイキャイ話していたところへアリ様登場。
キャンプ以来? 久々すぎじゃ!
スペシャルゲストにバコバコ必殺シュートを打ってもらおうと
アシストを何本も上げてみたのだが、ことごとく見送られる。
シュートするポーズを見て、後で笑うこと、バレてた?
オーバーヘッドキック(with 横ちん)とか見たかったのに…
わざとトラップにハマってあげるのも「男らしさ」じゃない?
とか言ってしまうのは、女らしさというより
人間的にいかがなものか…

二人が帰った後、千恵子さんとキャイキャイ。
人間的にいかが的な感じで。
たーのしーなー☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

そして熊YAVA

軽くじゃなく、かなりヤバい。
「共倒れ」という言葉が頭の真ん中にそびえている。
解説すると、2本同時の〆切が、2本ともマッチロだった。
それが終わると、更に恐怖の「三つどもえ」が待っているのだ…
何にも、何にもない荒野を這いずっていた。
自分の脳みそに見切りをつけようとした頃
おたかからディナーのお誘い。
誰かの脳みそにすがりたかった私はノリノリで乗ったぉ☆

久しぶりに庄や。
庄やっつったらコロッケだよね☆
わらじコロッケと手巻き寿司☆
ふと気づけばテーブルの上にはボトルがドン!
語った…語ったよ…
萎縮しきっていた脳みそに、グングンと血が通うのがわかった。
「でさー、今月、何描いたらいいと思う?」
丸投げの快。
たくさんのアイデアを出してもらった。
というか、おたかの近況をいろいろ聞いた。
これは大作になってしまうので、気軽には使えまい…

いい汗かいたよ…という感じで話しまくった。
ふと見れば、テーブルの上のボトルは空だった…
おたかは涙目になっていた。
私は頭がグラグラだった。
しかし、充実感に包まれていた。
いい呑みだった。
しかししかし、仕事はマッチロのままだった…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

HE

今もかなりやっかいな性格の私だが、
たぶん、子供の頃の私の方が数倍やっかいだった。
プライドは数十倍高かった。
そんな私は案の定、学校でトイレに行けなかった。
決して我慢していたワケではなく、
学校にいる間は行かなくても平気だったのだ。

そして私は10歳くらいの頃、激しい腹痛に襲われた。
下痢なんて比べ物にならないくらいの
腸が引きちぎれそうな痛みだった。
病院へ行ってレントゲンを撮ってもらうと
医者が2枚のレントゲン写真を手に説明してくれた。
「こっちの正常な人の写真と比べて
君のは横隔膜が膨らんでいるのがわかるかな?」
たしかに医者が指した場所は隣の写真のより1.5倍は大きかった。
「それは…一体、何なのですか?」
何か重い病気になっているのかという恐怖と
難病という肩書きが手に入るかもしれない昂奮を感じながら
医者に尋ねてみると
「オナラの我慢のしすぎです」と言われた…

そう、私はオナラができない子供だった。
痩せっぽち、色白、文学少年ウリだった私ができるわけないではないか。
うそ。それも単にオナラをしたいとあまり思わなかったのだ。
でも、オナラを恥ずかしいと思うタイプの子供だった。
そんな私のお腹がオナラでいっぱい!?
愕然とする私に医者は薬を出しながら
「今日はオナラが出ると思うけど、我慢しないように」と言った。

そして、その日の夜。
強烈なお腹の痛みを抱えて便座に腰かけると
それはそれは長いオナラが出た。
うそっ!?なんで自分がこんなオナラを!?
やだやだやだやだ!こんなの認めない!
いくらプライドで制しようとも止まらない。
一体、どれだけ続いただろうか…
体感的には5分は続いたような気がする…
出続けるオナラに砕け散るプライド…
私はあの日から、半年に一回くらいのペースで
プライドが砕ける日を迎える人間になってしまった…

で、今日、久々に「その日」を迎えました。
死ぬかと思うほどお腹が痛かった…
出さずに死んでいたら「屁死」と呼ばれていたのだろうか…
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

本心はファンタ狙い☆

ネットで注文していたDVDが届いた。
「ハウス」と「不知火檢校」と「ワイルドスピード3」
届けられた段ボールを開けて
我ながらバランスのいいチョイスだと感心しました。
「今見ちゃダメ!」と思いつつ「ハウス」を見る。
ああ…なんて愛しい。
この映画のリメイクでも続編でも何でもいいが
それをノシ男が撮ったら、とても素敵なことではないだろうかと思った。
そのときは南田洋子演じた「おばちゃま」の役で出たい☆
ううん、亜星でもいい…いや、ゴダイゴの一人でいいから!

かなり昔に観た以来だったので
商品名が由来だと思っていた女子高生「ファンタ」と「マック」が
「ファンタスティック」と「ストマック」の意味だと初めて知った。
今の時代に蘇らせるとして、「オシャレ」はOKなのだろうか。
やっぱ「ランコム」とかにしないとダメか?
池上季実子的なオシャマ感が出せる女優は誰だろう…
せめてそのオーディション会場にいさせてくれないかなあ…
〆切前の妄想ほど甘美な一時はありません。

それにしても「不知火」の勝新は色っぽい!
siranui.jpg
って見たの?ひー!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

「伝説の遊女」になりたい…いつも…夢見てた

徹夜で原稿を描いていたところへマリ姐から電話。
かなりボーっとした頭だったのだが
「私のブログを見てくれる!?」と昂奮した御様子。
どれどれ…と見てみると…
え!!?吉原炎上をありさ主演でTVドラマ化!!??
すごかった。頭に電流がビビビッ!と走った。
そりゃそうだ。長年、妄想してきたことが実現してしまったのだ。
それにしてもありさかー。いや、ありさは好きだけど。
「自分ならではの新作を撮っているつもりで臨みたい」って…
何となく予想はついてしまうなあ…でも見るけどね☆
どうせなら松下由樹を二宮さよ子の役に当てたいなあ。
「わ〜か〜し〜お〜!」「すいませーん☆」
てなノリで。「吉原のお仕事」。
どうしても盛り上がってしまうのは仕方のないことだね。
yoshien.jpg
http://youtube.com/watch?v=d0fh3gelL64
ああ…また観たくなっちゃったよ…
死ぬまでにあと何回、この映画を観るのだろうか…
ちなみにこのブログのタイトルは吉原炎上から頂いています☆

で、ひたすら原稿に向かって脱稿してタクシーに乗って馬場へ。
今日は「東京の男の子」の打ち合わせ☆
ひたすら…ひたすら喋り倒した。
マリエ姐さんは何度か笑いすぎて産気づいていらっしゃいました。
私は30時間くらい起きてる状態での参加だったので
後半、半分記憶がないのですが、心底愉快だったことは覚えています。
こんなに楽しいことだけで本になっていいのかちら☆
とか思っていたけど、マンガを描かなきゃいけないんだよね…
まさに「そうは問屋が卸さない」だ。頑張らなきゃ。
対談後、やはり切り姐が「ね〜」と呑み足りない目で誘って来たので
「目を合わせたら石になるわよ!」とCONちゃんをかくまって
逃げ帰ってきました。帰って来て倒れ寝。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

恋愛過小視罪で逮捕☆

倒れ寝したはずだったのに…15時間くらい寝て目覚めると
机の上にまたも食べた記憶のない弁当の空ケースが…
横にはマヨネーズが置いてある…
またやっちまったよ…記憶レス唐揚げ弁当…

夜、ダーリンフォーリンと喋っていたら
「今月のフィーヤン読みましたか?」と聞かれる。まだだ。
「安彦さんのマンガで…」そうだ、載ってるんだっけ。
「冨永さんがフンドシ姿になってましたよ」買いにいかなきゃ!
マリ姐が描くノシ男はとても可愛かったです☆

滑り込みシーズ。あ、先輩だ☆
何だよ、来るなら連絡くれたらいいじゃん!と言ったら
「メールしたんですけど…」あれ?
そういや、ここ数日、携帯を見てないな…
密林と化したマイルームに埋没してしまった携帯、
鳴ったらどこにあるかわかるだろうと放っておいたら
充電が切れていたようです…
携帯文化の浸透しなさっぷりを反省。
てゆーか部屋を片そうよ…
(後日談、思いっきり仕事の連絡に出なくてすいません!
 私への仕事の連絡は、基本、家電にお願いします☆)

初メニュー、スープカレーをオーダーすると、
ダンス教室帰りのおたか登場。
そしてなぜか裁判ごっこで盛り上がる。
裁判官は千恵子さん。
白熱した異議申し立ての嵐の末、
千恵子さんの下した判決はさすがだった。千恵子裁き。
しかしその後、千恵子さんは「わがまま罪」で起訴される。
女は誰も脛に傷もつものなのれす。
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

コンナワタシノお知らせ & 日記です。

というワケで、どういうワケで?
本日10日より池袋ロサ会館にて
我らがマリ姐こと安彦麻理絵原作で
もごキュー、ノシ男こと冨永昌敬監督映画
「コンナオトナノオンナノコ」が公開されます☆
http://www.konnaotonano.net/

そして21日の水曜日、
わたくしことニューと
愉快な切り姐こと魚喃キリコとノシ男とで
トークショーをやることになりました☆
あははー、久々の表舞台仕事だ。
切り姐と「ノシ男をいじめて遊ぼうね☆」と言っているので
困る野郎監督を堪能しにいらしてください☆

個人的お知らせ。
「やりちん貴公子」の第2章もそろそろクライマックス☆
乙女野郎ミキティの一途な恋の行方やいかに!?
まとめ読みなんぞしてくださいませ☆
qr_img.php.png

「秘密のバナナ園」の第2話は
パソコンで読めるようになっているみたいです。
「ミチャオ!ハロウィン」の中にあります。
http://moura.jp/manga/
いい話ですよ。可愛い話です。
感想だけが生き甲斐の私。どしどし送ってくださいませ☆

日記。
そして行ってきましたよ。「コンオン」の初日。
イハラちん&台湾ぶりのフォーリンと。
舞台挨拶がすごく面白かった。
というか、司会のおねえ様が最高だった。
ノシ男は5回くらい
「優しい瞳をしているのね〜☆」と誉められていた。
ヒコが「撮影中は怖い顔です」と言えば
「あら、そんな優しい瞳をしているのに〜?」
あの状況がDVDの特典映像になったらいいなあ。

映画の内容についてはトークショーで言うとして
大久保チアキと伊原マサミの物語を
イハラと並んで観ているのがおかしかった。
あと、パンフレット(?)が素敵だった。
亀虫ファミリーの文章が、それぞれのキャラが出てて素敵なの。
マリ姐の文章に則して言うなら
「母親(ノシ男)似のオンナノコ」という感じ。
母親に似て優しい瞳をしていると思いました。
わあ、いいこと書いちゃった☆

観賞後、台湾料理屋へ移動。
そういや事前にタカポンから勧められていたのに
台湾で食べなかった「シジミの醤油漬け」を初めて食べた。
おいしいねえ。喰いづらいけど☆
台湾ビールは軽くて美味しいなー。
やたらと「おわかりいただけるでしょうか?」を
会話に混ぜながら閉店まで…って3時?
タクシーに乗ってイハラの新居へ移動。
ぎゃーお、広いなー!
みなさん、いい部屋に住んでて熊羨望だよ…
梅酒をいただきながらWii☆
イハラのMiiが可愛くなかったので修正してみたり。
ってゆーかイハラ周りのMiiはみんな不細工すぎ!
たぶん、不細工に作れるのは若いからなんだろうなあ…
照れとかもあるだろうし、本人に自信もあるのだろうよ。
うちにいるMii達は、みんな可愛げだね☆
ちなみにフォリ氏が作ったイハラのMii。
iharamii.JPG
似てねー! 手直ししました。
初めてワンピースのゲームをやってみる。
ってゆうか私、ワンピースと関わるのが初めて☆
なぜか意地になって釣りに興じる。
朝まで釣り竿を振りまくって、翌日、筋肉痛でした…
g-prin.JPG
セブンイレブンで買った「がっつりプリン」。
すげーボリューミィ!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

(最悪だけど)大好き☆

おたかの友だち、ボンちゃんが江古田を離れるため
プチ送別会があるというので参加。シーズ。
何か餞別は…と、相変わらず貰い手のない
福島キティを渡したら、とても喜んでもらえた。
もっと早くボンちゃんと知り合っていたら…

それにしてもだ。おたか周りの女子パワーはすごい。
発言の被せ方、そしてそのスピードがすごい。
格闘ゲームの上級者のプレイを見ているかのようだった。
相手のコンボをガードで防ぎつつ足払い!
こけた相手にはすかさず追加攻撃☆
この勝負に入り込める男はいないだろうなあ…
男批判から乳首談義まで、スープカレーをツマミに
S席で楽しませていただきました。

某ミュージシャンの話になり
「あまりに歌がヘタでビックリしたよ!」
「全部音がシャープするんだもんね〜」
「あいつ、CDですらダメじゃん!」
と、さすが音楽系女子は評価が厳しく
ボロクソに言われていたのだが、
「でも、かっこいいよね〜☆」と
まとめられたのでビックリした。
その昔、某イケメン俳優のお芝居を観た時に
ものすごくつまらなかったのだけれど
会場の女子にはガンガンウケていて
心底「?」と思った理由がわかりました。
イケメンとは本音と遭遇することができない人生を
送るのものかと思うと不憫…でもないか。
半分ウソでもいいから誉められたいYOね☆
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

臭いものこそ

ひげ剃りの替え刃がなくなったので買いにいったら
目当ての替え刃を発見できなかった。
ずいぶん長く使っていたので、一新することにする。
どうせだからと一番豪華なのにしてみました。
いつの間にか時代は5枚刃+1なのね。
higesori.jpg
イメージキャラはクリペプ。略すと淫靡だね☆
買ってから気づいたのだが、電池がついていた。
ボタンを押すとブルブル震えるのだが
だから何だというのだろうか?
お湯につけても大丈夫だし…
これは何かアダルティな用途のためなの?
だからクリペプを起用したの?

夜、カリ子さんと打ち合わせ。
本題に入る前に色々と謝る。
遅れてすいません。書類を忘れてすいません。
そして本題について謝る。
ネームができてなくてすいません!
謝ってばかりの人生。そろそろ卒業する時では?
オシャレカフェで牛タンのハヤシライスを食べた。
久々に肉塊を食べた気がします。美味しかった。
カリ子さんから「とさ犬太」というキャラを教えてもらう。
かわいい。すごくかわいい…
お金の臭いがしそうなキャラ物に対して
ものすごい悪意を放ってしまう私なのに…
ちくしょー、これ欲しいよ!!
オッサンのフィギュアも熊かわいいよー!!
来月は展覧会が渋谷であるそうだ。
http://www.dehara.com/
ああ…金を落としそうな予感が…

台湾旅行経験のあるカリ子さんから
「臭豆腐は食べましたか?」と聞かれる。
あの、10メートル先からでもわかる
強烈な臭いをふりまく臭豆腐…
何度も「どんな味がするんだろう?」と思ったけど
結局、食べずに帰ってきてしまったのだ。
同じくカリ子さんも食べなかったそうだが
「あれを食べなかったことを後悔しているんです…」
と言っていた。熊同意!
絶対値の高いものは経験しておくべきだった。
たとえそれが臭さの数値だとしても。
想い出作りの鉄則だよね。次回こそ!
posted by 大久保ニュー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。